人気ブログランキング |

ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ

2010年 02月 10日 ( 1 )


2010年 02月 10日

大阪訪ね歩き 平成22年1月編 2 坐間神社行宮

八軒屋船着場跡地から西に進み、この坂を上った辺りが怪しかろうと、進んでいく
e0149335_17515723.jpg

石段を上がれば行宮があるかも、雰囲気あるじゃない。
その石段の左側にビジネスホテルがあり、その右側の壁の雰囲気がなんだか写真を撮りたくなります
e0149335_17543531.jpg

向かいのホテルの看板を置いているところにドアがある
e0149335_17553341.jpg

緑のペンキの剥げ具合が良いなぁ。
e0149335_1944505.jpg

石段は、歴史が刻まれ磨り減ったような一段一段の傾ぎが、これまたついつい写真を撮りたくなります。
ここは石町です。

さて、石段を登りきると、そこは公園でした。行宮の周りが公園になっているのでしょうか。
一輪車を持って練習するのでしょう、まだ小学校4年生ぐらいに見える男の子が、お父さんと公園に向かって歩いてゆきます。
公園で練習するのでしょう、それはほほえましい光景ですが、ミモパワの目的地はここじゃない。
公園を眺めすかしてみても、行宮らしいものは無い。この公園は北大江公園。

公園を通り過ぎると、街の景色はオフィス街になる
このまま南に向かうのは、どうも方向違いのような気がする。
西に向かって歩いてみる。

観光案内表示が出てきた
e0149335_1862121.jpg

今やってきた方向に、船着場跡の案内はあるが、行宮は表示されていない。
とりあえず里程原標跡に向かって歩いていってみる、案外同じ場所かもしれない。
しばらく矢印に従い、西に向かって歩いてみるも里程原標は発見できない、とうとう松屋町筋まで出てしまった。
適当にぶらぶら歩くのですから、こういうことはよくあること。
松屋町筋でひとつ北の路地にあがり、また東に向かって歩いてみる。
時間も限られているので、また行宮に行き当たらないかもしれない。
選んだ路地も、空振りで北大江公園の壁に突き当たる。結構高低差のある町です。
公園に戻るのも癪なので、また西に取って返すことにし、途中のT字路になっている横道を北に上がる。
道は左(西)にドッグレッグしている。
目の前はエルオオサカ、北へ上がると土佐堀通り、南に下ると元の道に戻るのだが…
南に向かうと、ありました。やっと行き当たりました、坐間神社行宮。
e0149335_18274796.jpg

想像では、小さい祠の一つでも有るぐらいだろうと思っていましたが、
意外にも門に参道に、奥には遥拝所まであるじゃないですか。
e0149335_1830514.jpg

流石は大阪の、一の宮の”一つ”だけあります。
e0149335_18312897.jpg

行宮に置かれていた由緒記より。
歴史にちょいとばかり興味があるもので、
大阪に源氏ゆかりの渡辺と言う地名があり、その場所は豊臣秀吉の大阪城築城により、元の場所から移転して、その地名も今はまた、なくなるかもと言う、
そんな新聞記事を読んだのははるかな昔。
そのかすかな記憶が、岸和田の山奥に有る積川神社に始めて訪れ、その祭神が大阪の坐間神社と同じ祭神だと知り、坐間神社をネットで調べて甦る。
そして、やっと日本全国の渡辺姓の発祥と言う地に残る、
坐間神社行宮に行き当たりました。

いえいえ、渡辺とも源氏とも、ミモパワは何のゆかりもありません
クンタキンテの子孫がルーツをたどるなんてことではありません。
ただ、行ってみたかっただけ。
ものぐさゆえ、ただただ時間だけが大河の流れのように過ぎ去り、ほんのちょっとのきっかけで辿り着いたと言うだけの話なんです。

毎度下らぬお話に、お付き合いいただき有難うございます。
つづく。

アカレッテ シュナイダー クセナー 50ミリF3.5

by mimopowerOM-1 | 2010-02-10 19:55 | シュナイダー