ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 25日

オリンパス 35 XX

e0149335_2014526.jpg
35ミリコンパクトカメラで、フルオートで、高品位な高級機が大人気になり、いろいろなカメラが発売されました

端緒はコンタックスT、コンパクトボディにカールツアイス ゾナーを搭載、
これを皮切りに、コニカ ヘキサー、ニコン35Ti、リコーGR1、ミノルタTC-1、ライカ ミニルックス

一眼レフで、高画質に慣れた人たちが、もっと気軽に、小さなカメラで、満足のいく写真が取れることを求めていた

まぁ、わたしゃこの手のカメラとはまだ縁は無いですが。

この時代、コンパクトカメラの広告に、F2.8の大口径レンズ搭載!なんてコピーがあって、このブログを読まれている方たちは、ほとんどの方がズッコケタことでしょう

でもそこは、やっぱりオリンパス党、オリンパスはオリンパス35に始まり、長年の歴史の積み重ねがある
それを思うと、世に高級コンパクトカメラを出すことで、メーカーのブランド力を高めているにもかかわらず
いかにも大衆機メーカーですから、と、よく写るとはいいながら、
ミューシリーズのみに終始したオリンパス
やっぱり寂しいじゃないですか、、、、、何で出ないんだー!!!!

高級コンパクトカメラが流行の兆しを見せる前に、(確か、コンタックスTは発売されていましたが)
ミモパワーは、中古カメラ店でよく見かける、ストロボ撮影が一般的になる以前の、大口径レンズを搭載した
レンズシャッターカメラに注目していました
大口径レンズ搭載と言うと、コニカⅢなんかが代表になるのですが、
そこはものぐさ太郎のミモパワー、EE機能が付いているカメラに目が向いていました。
ろうそくの炎で写せるヤシカ エレクトロ35、キャノネットシリーズ、ミノルタハイマチックシリーズ、、、、、

さて、オリンパス党が選んだコンパクトカメラは?
その答えは、次の回に、、、、、

えらい傾いた写真でんなぁー
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2009-03-25 20:26 | オリンパス | Comments(2)
Commented by PUSH-PULL at 2009-03-25 21:40 x
快晴でもなさそうなのに、えらく焦点深度が深いですね
やっぱりレンズが明るいから・・・
ヘキサーかと思ったのだがオリンパスならミューあたりかな?でも大口径と違いますね
Commented by mimopowerOM-1 at 2009-03-25 23:42
PUSH-PULL様
雨上がりの午後です、曇り空ですが、明るい空でした
ISO100のフィルムで開放F値は1.7のレンズですが、
ほぼ最短距離での撮影です
屋根瓦はボケですが像は崩れていませんね
レンズの焦点距離が短めだからなのでしょう


<< オリンパス 35 シリーズ      コーワSETR >>