人気ブログランキング |

ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 18日

キョウセラ サムライ

キョウセラ サムライは、最初2倍ズームで出ていて、これは3倍ズーム。

出たとき、よく写ると話題になり、キョウセラブランドと言えばサムライと言う印象が強い

いわゆるブリッジカメラと分類されるカメラで、ブリッジカメラの元祖と言えば、チノンのジェネシス、あと、有名どころといえば、オリンパスのLシリーズ、リコーのミライ、そのOEMのオリンパスIZM300。ほかにもあったらごめんちゃい
e0149335_21554869.jpg

サムライは、35フィルムをしたから上に巻き上げて、シングルフレーム、いわゆるライカ判の半分のハーフサイズに画像を写しこむようになっており、
全体のフォルムは縦型なので、通常右利き用となっている。
e0149335_21565124.jpg

キョウセラはなかなか楽しい会社で、サムライZのときに右利き用と左利き用が用意されて、片手でホールディング出来ることとあいまって、
両目に当てて、右と左に泣き別れすれば、強制的にロンパリになる
脳みそが追いつくまい、擬似カメレオン体験
2丁拳銃ならぬ2丁カメラ使いが出来る!
e0149335_21581357.jpg

と、今にも購入しそうな勢いだったのですが、まぁ貧乏なことに加え、決定的に購入にいたらなかった理由があったりする
e0149335_21591424.jpg

それは、高島屋で開かれていたカメラショーのブースでの出来事

コンパニャーの言うことにゃ
「サムライにグリップが付いて、さらに使いやすくなりました!」
「どれどれ(と手にする)あのー、グリップをつけると、わたすの小さな手では、 シャッターボタンに指が届かないんですけど、、、」
私のお手ては、びっくりするほど可愛いんですよ
コンパニャーいわく
「その場合には、グリップをはずしてお使いいただけますよ」
せっかく新しくなったのに、外したら、元に戻るじゃん
e0149335_2212824.jpg

私の住んでいるK市の、中心N海本線K駅前商店街の中の甘味どころです
昔からあり、記憶ではもっと駅に近いところで営業していたのですが、今の位置に移っていたんですね

と言っても、このブログを見る人はまずわかるまい、、、

トラやのトラ焼き、と、子供の頃の記憶なのだが、どうやら、”とらやき”がほんとの名前らしい
世間一般に、回転焼き、今川焼きと言われる類の、「とらやき」を良く食べたものです、「ござそうろう」などを知ったのは、家内と結婚してから

先日息子のソフトボールの練習試合を見た帰りに、久々に立ち寄り
ワラビ餅とみたらし団子を買う

最近、みたらしと言うとスーパーでパックされたものしか食べていないので
しっかり”焼き”が入ったみたらし団子はやっぱりうまい。

最近は、カメラが欲しい病も、かなりこじらせた様子でまともでないと自覚している。

ジャンクコーナーから引っ張り出し、それでしっかり写せたりすると、無上の喜びとなったりする、かなり重篤だ、

でジャンクコーナーでめぐり合ったサムライ
出会った当初は当然動かない

ここで、心眼を見開き、機械と心を接続する
         (カメラと心をつなぐ)と読む

なんてのは大げさながら、皆さんも経験がおありでしょう
まずは外観、大きな損傷はなし
レンズを覗き込む、カビなどもなし
フィルム室を開け、、大きな異常が無いか?
電池ボックスの中はどうか?
もっとも、このサムライは リチウム電池なので、液漏れはまず無い

恐る恐るレンズをまわしてみる
無理なく動いている
付属品にフィルターが付いている、まずまず綺麗

ここでいやらしい銭勘定、フィルターだけでもめっけもの
駄目で元々、動くかどうかは五分と五分(以下かなぁ?)
来た、見た、買った。

さて、家に戻って、電池を入れてみる、完動品である
来た、見た、勝ったーーーーーーv(^^)v

陣笠に戻る、もちろんフードのことである
純正のフードはあるのだろうか?
e0149335_2264451.jpg

コンタックスレンズの生産で、コーティングの技術も上がったであろう
京セラオプティック
マルチコーティングなどによる技術の進歩でズームレンズは性能も上がり
だからこそ、オールインワンのブリッジカメラが生まれているのだが、、、

大概の場合、フードは無くとも、破綻は少ない
でも、それでもフードのあるなしで、コントラスト、発色は改善される 

で、白羽の矢を立てたのが、フィルター径49ミリだったので
アサヒペンタックス49ミリ径標準レンズ用の円形プラスティック製フィルター

何しろAFレンズだからモーターに負担をかけたくないし
レンズのピントあわせ、ズーミングでで前玉は回転するモンね

さて、写真は岡部5万石の岸和田城本丸を、北側に位置する岸和田高校のグランドから、
逆光状態で広角側で写す

残念ながら、四隅でケラレがでてしまった、残念無念
また、レンズに直接太陽光が入り込んだので、ゴーストも発生
結果から見ると、ペンタックスの35ミリ用円形フードがジャストフィットかも
e0149335_2282929.jpg

サムライのオートフォーカスは、当然遅い

子供の写真を良く撮ります。
よそ様から見れば、よくも飽きずに、が、関の山

たくさん写すとなると、ハーフサイズが2倍写せる
でも、子供が出来た頃にはハーフサイズなんて過去のもの、

当時、持ってはいなかったが、一眼レフでペンF、FTがあると言ったって、
ペンFTになって、メーターが内蔵されたぐらいで、じっくり写すには良いけれども、
ちょこまか動く子供を写すには、AEぐらいは付いていて欲しい。

ペンEEシリーズでは、ピント合わせに不満が残る

サムライなら、AE露光で、不意にチャンスが来ても失敗は減らせるじゃないか!

と思いつつ、手が出ないで今日に至る

で、今となってしまうと、賢い選択はデジタルになってしまった

でも、デジタルはなんとなく味気ない、追い求めていた失敗の無い写真が
却ってつまらない、その場に居合わせれば誰がボタンを押しても同じように写るなんて、、、
すごい事なんだけどね。

さて、念願かなって手に入ったサムライでチビを写す

おくれて、参上したグランドでは、長男のチームは待機中、
奥様連中は会話に花が咲く
下の娘は同い年の友達と知らず知らずに追いかけっこ
チビは駆け回るので、サムライのAFでの追随は、ウチの下の娘でも捕まえきれない

で、置きピンで狙う

同じコースをぐるぐる回るので、待ち構えておいてプチッ!
e0149335_2285299.jpg

マニュアルフォーカスの方が世話が無いか、

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 22:09 | キョウセラ ヤシカ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ミツビシカラー35ミリF3.5      高知日帰り旅行記 奈半利 >>