ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 29日

キャノネット

私が社会人になったときの上司は、元大沢商会のトップセールスマンだった。
キャノンのカメラを売りまくっていたと言う。

その上司にキャノネットシリーズならどれが一番ですか?と聞くと初代キャノネットと言う。

で、それを聞いてからしばらくして手に入れたキャノネットはファインダーが曇り気味なので一度フィルムを通したきり。
それがまたファインダーがきれいなキャノネットと出会う。ジャンクではありますが。

また、その上司はマミヤも売りまくったという、それで聞いた質問はマミヤシックスのシリーズならどれが一番ですか?
その答えは”オートマットだな”だった。

その上司を偲びながら久しぶりにキャノネットにフィルムを通したのでした。
e0149335_23541184.jpg
キャノン 初代 キャノネット キャノンレンズSE45ミリF1.9

ここからごにょごにょ日記(まぁなんと久しぶりなこと)
昨夜もワールドカップサッカーを見ていた、もしかすると日本が負かされる映像を見ることになるかもしれないと覚悟しながら。
最近成長し、言うことを聞かなくなったチビどもが、風呂にはいるのが遅くワタシャ寝るのが午前1時や2時前なんてのはザラに有ること
だからロシア大会のテレビ時間は起きていてもわりかし平気。
西野ジャパンがボコボコにされてしまうか?と恐る恐る1戦目、2戦目と見てきた。
1戦目は、神様からプレゼントされた飛車角抜きの相手に同点にされるなんて、やっぱりなぁ なんて思いながら追加点を奪い勝利
でも真剣勝負だからこそ追加点取らないと。
この勢いで2戦目と思いきや常にリードを奪われるも追いつきはいいんだが、勝てたやろ
だって、中盤が結構自由にボールもってたよ。
でポーランド戦
これまたプロの集団なら、ワールドカップ後の自分の売り込み考えりゃガンガンくるんじゃないかと思っていたが思ったより自由にできている
この時間に点取っときゃ勝てるのに、とここまではイライラが募る試合ばかり。
で案の定セットプレーで点を取られた。
んが、また神様のプレゼントだかなんだか、ハメスを失ったコロンビアがセネガルから1点を奪いトーナメントへの道が…

確かに消極的な戦術かもしれないが、結果が全てじゃないか。
ポーランドだって、追加点取れば日本が沈むのに取りに来なかったんだから、1点の名誉で満足したんだろ?
両チーム痛み分けだよ

セネガルが追いつくリスクも考えながらあの勝負に出て勝ち取ったんだから言わせておけばいいんだよ

でも1試合目、2試合目に勝ちきっておけばベルギーに当たらなくて済んだのに
もうちょっとサッカーにおつきあいだな。
サッカー愚論家 ヅラタン 脂身もビッチアブラミモビッチ


[PR]

by mimopowerOM-1 | 2018-06-29 12:23 | キャノン | Comments(0)


<< アフラ・マズダー   フジカ3...      ロールアイスクリーム >>