ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 06日

去年の収穫

e0149335_23142328.jpg

AIRESFLEX NIKKOR-Q・C 1:3.5 7.5cm

昨年借家の猫の額ほどの庭に、ナス、ミニカボチャ、コダマスイカを植えてその結果がこれ。
ナスはこれまでも植えていたんだがカボチャとスイカは初めて植えた。

カボチャはヨシズ(葦簀)を窓の日よけに軒先にぶら下げているのだが、そのヨシズにつるを這わせて日よけの目的もかねて植えた。

ヨシズの漢字を調べようとネットで探ってみると、”ヨシズはスダレより大型で、立てかけて使う、海の家なんかで見かける”
とあった。

と、いうことは、わたしゃヨシズの使い方を誤っているようだ。

ご近所さんはヨシズに這っているカボチャの葉を見て
”何を植えているんですか?”
”カボチャです、日よけにしようと思って”
”そんな植え方もあるんですね”
と、驚かれていた。

スイカは、植えたままほったらかしにしていたら、猫の額の庭すべてにとぐろを巻いてしまった。
果てはカボチャの蔓につかまり、ヨシズに這い登ってきて、ヨシズにスイカとカボチャの実がぶら下がる事態となっていた。

カボチャとスイカはどのタイミングで収穫すればよいのかわからずに、ぼちぼち採るかと並べて写したのがこの写真。

ナスは家計のわずかな足しになったものの、カボチャとスイカは食える代物にはならなかった。

今年は冬場の洗濯物の乾きの悪さに我慢ならなくなった細君に物干し場とされてしまった。
ヨシズは巻き上げ装置を取り付け、洗濯物の出入りする通路と化し、カボチャやスイカが、ましてやキュウリなんかもぶら下がることはなくなってしまった。
ゴーヤは苦いから嫌い
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2015-06-06 23:44 | アイレス | Comments(1)
2014年 08月 06日

鹿谷寺

e0149335_20355854.jpg

鹿谷寺跡
パソコンの自動更新ソフトでなんだか設定が変わったのか、写真が添付できなくなって、仕事も忙しくしているうちに、また間が空いてしまった。
久しぶりにあけてみると添付できるように戻ったみたい?????

岩屋、鹿谷寺のある二上山は死火山で凝灰岩の石を石切り場で切り出しているように柔らかい岩だとかで、
この鹿谷寺は岩山を削って行って作られたそうな。

この石塔も、そうやって削り出されて作られているんだって。
e0149335_20455622.jpg

周りの岩も白っぽい凝灰岩が露出している
e0149335_20465662.jpg


この鹿谷寺から西の方向ですかね、少し登れるところがあり、登り切ってみると展望台になっていた。
河内平野を見渡せる絶景のはずなんだが、この日(2月26日)はお隣のお国からPM2.5がたっぷり飛散しているとかで
白っぽい空とわずかの視界しかありませんでした。残念。

e0149335_20521030.jpg

フジカST701 スーパーマルチコーテッドタクマー 20ミリF4.5
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-08-06 20:53 | アサヒペンタックス | Comments(0)
2014年 07月 09日

石切り場

岩屋を辞し下っていくと登山道と別れて細いけもの道とまではいかないが案内板はこちらとなっている
e0149335_1951136.jpg

そちらへ向かうことにした。
予想よりも歩きやすい道で石切り場に到着。
e0149335_19541190.jpg

確かに切り出された様子が覗える。
e0149335_2035912.jpg

フジカST701 Super-Multi-Coated TAKUMAR 20ミリF4.5
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-07-09 20:05 | アサヒペンタックス | Comments(0)
2014年 07月 07日

岩屋

e0149335_19323634.jpg

岩屋杉、くぐり抜けた側から。

倒れた岩屋杉を超えますと、目的地の岩屋に到着です
e0149335_19342273.jpg

e0149335_19353182.jpg

日本では珍しい石窟寺院跡になります、シルクロードによくある寺院です。
シルクロードはあこがれはありますがまず、行くことはないでしょう
シルクロードの寺院とは規模が知うでしょうが、シルクロードの終着点であることは間違いないでしょう。
e0149335_19381387.jpg

中央の石塔は、地山を掘り抜いて作られたたということで、当時は何層あったのか、
後ろのくりぬかれた山の高さから5層あったか7層あったか、想像を掻き立てます。
e0149335_1941342.jpg


案内板の説明によると岩屋杉は
e0149335_1942340.jpg

せいぜい楠正成と同級生ぐらい
この寺院はそれよりはるか前に作られていたということです。

フジカST701 Super-Multi-Coated TAKUMAR 20ミリF4.5
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-07-07 19:44 | アサヒペンタックス | Comments(0)
2014年 07月 04日

残雪

岩屋へ向かう道は勾配を増し、2月末ながら春の近さを感じさせる暖かさとPM2.5に覆われた空からは想像できなかった残雪が道の脇に、すこし引き締まるような冷気を感じ、坂道を登るのが楽しく感じられました。
e0149335_20453471.jpg

適度な運動を強いる道を登ってゆくと岩屋の千年杉に出会います
e0149335_20473838.jpg

が、残念なことに、平成10年の台風7号で倒れてしまっていました。

フジカST701 Super-Multi-Coated TAKUMAR 20ミリF4.5
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-07-04 20:49 | アサヒペンタックス | Comments(2)
2014年 07月 03日

岩屋へ

太子町に”岩屋”と呼ばれる古代寺院跡がある、山の中なので道はどうなっているのか
どこから登るのか気になっていた。
今年の2月の終わり春が近づいてきたと感じられだした頃、いよいよ意を決し挑戦してみた。
e0149335_20341634.jpg

奈良に通じる竹内街道、その道の途中二上山登山口がある、その駐車場に車を止めて何かヒントはないかいな?
と見回すと、なんと拍子抜けに、ここが岩屋への入り口だった。恐れるより、いや案ずるより産むがやすし。
e0149335_20383836.jpg

登って行く途中、高松塚古墳の石棺に使われた石切り場があるという、道に迷わず岩屋を拝んだら、帰りによってみるべぇ…つづく
e0149335_20412069.jpg


フジカST701 Super-Multi-Coated TAKUMAR 20ミリF4.5
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-07-03 20:43 | アサヒペンタックス | Comments(0)
2014年 06月 30日

ノード―のあるのどかな景色

e0149335_1752480.jpg

農道が伸びるのどかな景色
ただの駄洒落です

ただ和泉市の山手の松尾寺に来たこの日、寒い日で左手の他の土手の雑草の上には霜が降りています。

宝蔵院だったかな?池には氷が張っていました。
e0149335_17583581.jpg

ライカM3 キャノンレンズ50ミリF1.2
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-06-30 17:59 | キャノン | Comments(0)
2014年 06月 27日

チョコづくり

娘たちがチョコを作っています
友チョコだそうですが。
e0149335_2002641.jpg

作っておいて、結局持って行かずに冷蔵庫残ったものは私が掃除します

ライカM3 キャノンLマウントの50ミリ
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-06-27 19:59 | キャノン | Comments(0)
2014年 06月 18日

群像

さて、こちらの皆さんはいったい何に興味を示しているんでしょうねぇ…
e0149335_19174867.jpg

ライカM3 ズミタール5cmF2
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-06-18 19:19 | ライカ | Comments(2)
2014年 06月 17日

冬 雪の日

冬の手作りカメラクラブのあった日は雪でした
e0149335_20192320.jpg

雪は大したことなく、引き込み線には雪も残っていましたが歩くのはまーったく問題なし
e0149335_20204673.jpg

イルカにはさぞ寒かったでしょうが。
ライカM3 ズミタール5cmF2
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2014-06-17 20:21 | ライカ | Comments(0)