ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 18日

タロン3型 F1.9

ミモパワカメラⅡご愛読の皆様の一部には、既にご覧になった絵もありますが、今回はご容赦の程を。

今年、パソコンがダウン、電源の交換で復活した際に
紹介したはずと、見直していましたが無い。
無いはずです。復活報告に取り上げた旧作は、
ライツテリートF4.5 200ミリをアサヒペンタックスベローズを介しての絵だった事をやっと付きとめました
(大阪手作りカメラブログ2008年6月ご参照)。

で、急遽タロン3型の再登場です。ネタ切れだからではないのです。

もう、何年になりますか、距離計連動機の明るいレンズを追い求めていました頃(今でもですが)
整備済みで、C<チェー>万円以下のお値段で
(以前の同僚が良くこういう言い方をしていたG<ゲー>千だとが)
遭遇しました、整備したのだが、セルフタイマーは直らなかったとか。

頭の回路がどうかしている私は、
セルフタイマーが無い=セルフ無し と聞こえ、
ライカM某のセルフ無し と、勝手に変換されていたのでした(やはりどうかしている、、、、)

その頃、コニカセンチュリア400に凝っており、それを詰めて、梅雨が来る直前の4の付く日の夜に神社の境内で開かれる夜店に、子供をつれて出かけたのです

開放で、1/15から、1/30秒程度で、写るだろ、てな具合で。
e0149335_045483.jpg
e0149335_046969.jpg
e0149335_0463058.jpg
e0149335_0465617.jpg
e0149335_047221.jpg

カメラの底の部分が平で、フィルムゲートとの段差が低い為でしょうか
光源が被写体の上部に来るとハレーションを起こすようです

味をしめたミモパワーはモノクロも詰めてみました
e0149335_049610.jpg
e0149335_0492977.jpg
e0149335_0494826.jpg
e0149335_050427.jpg

モノクロは、コダックの400CNだったはず
巻き上げレバーを親指で軽くテンションを掛け
巻き上げたかどうかを確認する癖のあるミモパワーは
このカメラでは、それがコマ間の不安定、空巻き上げの原因となってしまったようです
丁寧に扱わなければ。
このクラスのカメラにはよくあることのようで、、、
レチナでも、気をつけないといけないのもあるらしいよー

地元の公民館でのクラブの飲み会にも連れて行き、
先輩方からは、良くそんなカメラを持ってるな?と
変わり者扱いされたものです。
最近仕事が忙しく、ちっとも顔を出していないなぁ 
もう除名されたかも
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-18 01:09 | レンズシャッターRF機 | Comments(8)
2008年 11月 16日

タロン2型

日本光測機のタロン2型です
タロンでの撮影は今回で3回目
最初にタロン3型タロナーF1.9 45ミリ付きを手に入れていて撮影
開放F値1.9のレンズは甘いめの描写ではありますが、かなりの実力と見た
名前は出ていないが、信州地方の有名なレンズメーカーのものかと思われた
手作りカメラブログで紹介したつもりだったのだが、見返してみると載っていない
その内、こちらでアップしようと思っている

2台目のタロンはタロン35、レンズは信州のレンズメーカーで評判のトミオカ製のローザーF2.8 45ミリ
こちらはこの夏に撮影したものを手作りカメラブログにアップしています

今回の2型は、先のタロン35と同じ頃に、秀じぃ様より降嫁されてきました
e0149335_049489.jpg

タロン35はレンズにカビがあったのですが、簡単に拭き取る事が出来たので撮影する事が出来ました
今回の2形は逆さに持ってみると巻き戻しノブがポロリと落ちてくるではありませんか
どこかでジャンクを見つけて部品を調達しなければと思っていたのです

さて、このタロン2型、
このカメラをつらつらと眺めてみますと、なんとも魅力的なデザイン
このブログにアップしたトプコン35Sを入手する前の話になるのですが
カメラ好きで連載もされているAS川G平さんがトプコン35Sを紹介されていたのを見て一目ぼれ
しかしなかなか手にする機会も無いまま、このタロン35を目にすると
なんとも良く似たデザイン

等倍の、金色にメッキされた大きなファインダー
レバー巻上げ、シックな外観、レンズもF1.9とハイスピードレンズ搭載
向こうは一流の東京光学トプコール
しかし、こちらも名前は出さないが定評のあるレンズメーカー製で
撮影した手ごたえも充分のレンズ、
名前はTamron F1.9 4.2cm負けちゃあいない

んんっ、タムロン?????
ト、トミオカじゃなかったの?

思い込みとは恐ろしいもので、てっきりトミオカと思っていたので、
タムロンの文字が目に入らなかった

タムロンのレンズなんだと認識しながら何とか写してみたい、何とかならぬかと改めてカメラを触ってみる

思い込みとは恐ろしいもので、部品がないと思っていた巻き戻しノブの、
内側の部品がころりと出てくるではないですか

ありがたく復活した次第、
この夏の終わり頃に撮影しました
e0149335_0503598.jpg
e0149335_0504893.jpg

e0149335_6521363.jpg
e0149335_0512511.jpg
e0149335_0514011.jpg

室内の画像は、ピントも、露出も、ブレも合わさっているだろうけれども
タロン3型のタロナーよりちょっと分が悪いかな?いや、同じようなものか?
そうなるとタロナーF1.9 45ミリの出自は、、、、、
ボディの内面反射は3型よりこちらの2型のほうが少なそう。

タロン3型は修理やサンから購入したもの、それでもセルフタイマーは助からなかったそうで
セルフ無し
タロン35は粘り気味のシャッターをだましだまし使った物とは言いながら
撮影後にどうもシャッター速度に変化が無いように思える

今回のタロン2型も、どうもシャッター速度が心もとない
そう感じるのも、トプコン35Sを体験したからか?

でも、そんなあやふやな2流だとしても
それで写せたら楽しいものですね
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-16 01:07 | レンズシャッターRF機 | Comments(2)
2008年 11月 13日

ペトリMF-10

ペトリ最後の一眼レフMF-10は、仔細に見るとなかなかデザインされている。

それまでの大柄なペトリと異なり、軽量コンパクトのトレンドに合わせてコンパクトに仕上がっています
外装はプラスティック、シボ革も樹脂の整形パターンです、しかし単純なデザインながらもペトリの紋章が付いている
e0149335_17481969.jpg

軍艦部右肩にプリントながらMF-10の文字ペンタ部にはこれもプリントでMの花文字ペンタ部前面にはたぶんプラにメッキのPETRIの文字
e0149335_17512551.jpg

巻上げレバーは軍艦部の右肩に埋め込まれており、トップは大きなシャッター速度リングの同心軸に大き目のシャッターボタン、速度はB、1-1/1000まで、拡大レンズの中にフィルムカウンター、巻き上げレバー が埋め込まれたおかげでシンプルな外観です。
e0149335_17514555.jpg

ペトリ一眼レフの特色のシャッターボタンがボディ前面から、一般的な軍艦部右肩上部に移っているのはちょっと寂しい。
今までのペトリの一眼レフで、シャッターボタンがあった場所には、絞込み、測光ボタンがあり、押し込んで反時計回りに回すと測光、絞込み状態にロックされます。
その下側にはセルフタイマー。シャッター速度はX接点が1/60で赤文字、1/15以下の速度は緑で表示され、手振れを警告してるようです。
左肩は巻き戻しクランクとその外周にフィルム感度設定ダイアルがASAとDINでASA25から1600まで1/3刻みです
e0149335_17523392.jpg

ペンタ部トップにホットシューが装着されていますが、これは着脱式で、接眼部のアイピース取り付け用?の溝に差込み、ロックが片側にあり固定される。
このホットシューを取り外すとさらにコンパクトな外観になります、取り外した後にはシンクロ接点が現われます。なかなかのアイデアか?
e0149335_1753998.jpg

e0149335_17532327.jpg

ホットシューの着脱や、はずした後の姿は、オリンパスのOM1、2に良く似たイメージです。
ペトリオートズームMC38-70ミリF3.5はフィルター径52ミリの直進ズーム
開放F値がF3.5固定ながら、ワイド側がちょっと中途半端です。
e0149335_17594199.jpg

ボディは、このカメラが発売された頃にはM42マウント絞込み測光というスペックは、かなり見劣りしたでしょうが、その分飾りつけに気を使っているようですね。
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-13 18:01 | ペトリ | Comments(0)
2008年 11月 12日

ペトリMF-10+ペトリズーム38-70ミリF3.5

ペトリはご存知栗林写真工業のブランド
普及価格のカメラを生産していた
ペトリはミモパワーが小学生の頃まで存在していたようだが、その頃はその存在は知らなかった

最新のカメラではなくお古のカメラに興味を持ち出すと、ペトリのカメラは容易に目にすることが出来た
いわくペトリ7に代表されるレンズシャッターRF機、ペトリV6に代表される一眼レフなど
これらも頂き物であったり、ジャンクとしてやって来たりしたのだが、何かしら不調があり快適に写す事は出来なかった

その中で、故障品として現れたペトリFTE(一眼レフ)は修理屋さんにより戦列復帰を果たし、今やお気に入りの1台となっていたりする

その修理屋さんで偶然出合った(中古と言う性質上どれも偶然の出会いだが、、、)
ペトリ ハーフ7と言うハーフサイズカメラは、その巻上げのユニークな事この上もなく、
まさにオリンパスペンシリーズのライバルと言えるものだったが(個人的な感想です、あくまでも、、)

今では”秀じぃ家”に嫁いでいる
嫁ぐ前の記念撮影
e0149335_30045.jpg

その前にはペトリV6用の外付けのメーターもカワイイ黒革の手帳とともに発見、貢物となっている。
ちがうか!ほんとはケースか!

ペトリMF-10はペトリ最後のカメラで、M42マウントの絞り込み測光機MF-1と同じカメラで、標準装着のペトリズーム38-70ミリF3.5との組み合わせで高級機?の位置づけだったらしい

雑誌では良く故障するなどと紹介されていたので、まさか手にするとは思わなかったのですが、まともに動く1台に出会ってしまった。まだ寒さの残る時期の事、、、
e0149335_331098.jpg

春先にこのペトリズームをチノンメモトロンに取り付けて撮影して見た。
なんだかピントがあまいような、、、
e0149335_371131.jpg

ワイド側で、、、
e0149335_385893.jpg

テレ側で、、、
e0149335_3101823.jpg

なんとなく、人が入ると甘くなる気がする、気の迷いかな?
e0149335_312397.jpg

e0149335_3132591.jpg

コントラストが低いのかな?
フードも着けていないし、酷だったかなぁ
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-12 03:27 | ペトリ | Comments(1)
2008年 11月 09日

ライカで写す日

ライカにも色々ありますが、自分の中ではボディはM3
レンズはズミクロン50ミリ

普段はお安い、下手をするとジャンクまがいのカメラレンズでごにょごにょと御託を並べておりますミモパワーも、
バイトするようになり、社会人になると、わずかながらも稼ぎを得、背伸びをして手に入れた。

最初に手に入れたのはⅢc戦後型、
レンズは一時はたいへん高値になった黒リングの
ニッコール5センチF2、
ボデイは距離計の分離が薄く、連動距離計の意味の無いものだった

その後M3も入手、こちらも何処に出しても恥ずかしい、まともな状態のものではないのだが、
それでもライカ、大事に大事に使い、滅多な事では引っ張り出さない、
もっと使えばよさそうなものなのだけど、、、

最近のかしこまった、引っ張り出した日というと、下の娘が生まれた時だ。
病院に上の二人を連れて面会に、ここはライカで記録しようとフィルムを詰めた。
DRズミクロンF2 50ミリ
e0149335_8423337.jpg
e0149335_8424737.jpg
e0149335_843460.jpg
e0149335_8431978.jpg

今年パソコンの電源が故障、立ち上がらなくなった時に、
画像データの消失の危機を思い知り、外付けのハードディスクを購入、
データの移管を行いつつ、懐かしく見直しておりました

たまにはライカも使うんだよーん、
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-09 08:47 | ライカ | Comments(6)
2008年 11月 07日

キャノン A-1 ニューFD50ミリF3.5 しょにょ2

友人の持っていたAE-1はシャッター速度優先AEだったので、妬みながらも、絞り優先じゃないから要らないと済ましていましたが、
ミノルタXDに始まる両優先、そしてプログラムオートへのキャノンの回答が
A-1だった
そのいかつい外観はF-1をも彷彿とさせ憧れていたのでした

でも、改めて見ると、以外に背が高くずんぐりむっくりな体型ですな。

もうかれこれ10年以上前、ニューFDのF1.4付きとは言いながら良いお値段
(それでも当時としては安く出ていた)で買いこみ
念願のA-1ユーザーとなったのだが、どうも操作が煩雑で、
説明書(あっても読まないが)無しでは良く分からない
その後手に入れたAV-1の方が単純明快と、ほとんど出番は無かった。

今回のA-1は2代目である、
つい最近ジャンクコーナーで出会ったのだった。
親しい店長さんに電池を借りシャッターを押すと胸がキュンと、
いやいや、お決まりの“鳴き”
オートは正常のようだがメータの表示がない
店長さんににお尋ねすると(ええ、点かないんです)
まぁ、安いので、割り切ってガシガシ使うおもちゃ代わりに連れて帰る

その帰りに偶然、件のプロとお茶をすることに
最近何も買ってないだろうな?の質問に、
ジャンクを買った、メータが出ないと言って見せてみる
スイッチが入って無いだけじゃんと言われてメータ表示が復活、
説明書持ってないもので、、、

その後、手作り例会後の酔い覚ましパトロールで
ジャンクニューFDマクロに遭遇、周辺に曇りが見えるものの、購入。
2代目A-1とのコンビでクモリもそのまま撮影してみました
e0149335_2154443.jpg

夏の名残にシジミ蝶が会社の庭で何と大胆な行為に及ぶ事か!近寄って何枚撮っても臆することなく私は無視されていました。羽に可愛いお花模様があるのですね
e0149335_2164324.jpg

仕事を終えて、外に出ると、大阪方面が真っ赤に燃えている
事務所に駆け上がり、もって来ていたA-1と、たまたま置いてあった
これもジャンク価格で購入のFD300ミリF5.6を引っつかみ、最上階に上ったが
とき既に遅し、残照を残すのみ、撮影レンズはマクロ50ミリ
e0149335_217884.jpg

夏の終わりごろ

季節感無いなぁ
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-07 21:22 | キャノン | Comments(2)
2008年 11月 06日

キャノン A-1 ニューFD50ミリF3.5

キャノンA-1とキャノンマクロレンズNewFD50ミリF3.5のお話

一眼レフを手に入れたのが高校生のとき
普通なら、高校の写真部に入った、
と言うのが理由になるのだろうが
私が所属したのは「地学部」
あーすさいえんす倶楽部なのであった。

地学部というと、皆さんおなじみの天体観測
天体観測といえば写真撮影が付き物、
サイエンスクラブなのだから記録をとることが大事!
と言う事でクラブ内に写真班なるものが存在し、
部室内に暗室があった

写真班は、他の基本の3つの班に籍をおき、
掛け持ちが前提となる
そして私が所属していたのは「岩石班」
トンカチで岩を砕き、小片からプレパラートをしこしこ作っていた。

天体写真と言えばペンタックス党の独壇場、
光学製品はニコンということで、
先輩達はこの2派のみが存在していた

当時はニコンを頂点とし、
キャノンがF-1で巻き返しを計り、
ペンタックスはK2
普及クラスとして認識していたのが
ミノルタのフラッグシップがXD
(X-1なんてカタログでしか見たことが無い)
オリンパスはペンFからフルサイズに
OM―1、2で参入
ツァイスレンズがすごいらしいでもボディはヤシカだよねの
コンタックスRTS、
フィルムを売るためですの
コニカ、フジカ、
と簡単に言うとこんなところ

ニコン党、ペンタ党そこにでてきたのがわれらの世代、
同級生が、新品で買ってもらったAE-1を装備し
キャノン派が登場。
まだ中古のOM-1を手にしていない私は妬んだものだった

しかし、キャノン派の彼は天体班に属し、
厳しい先輩連中に何ゆえキャノンを買ったのか?と
改宗を迫られる、
そしてその意図はまもなく現実問題として現われる。

天体班の彼は、喜び勇んで天体撮影に挑戦、
しかし過酷な夜間の長時間バルブ露出に
バッテリー4LR44では足りず、外部電源を投入するも、
太陽黒点観察のバルブ撮影では、電池切れのため
シャッターが閉じると言う失態を演じ、
中古のニコマートにシフトを余儀なくされる

しかし、時代はキャノンだった。
テレビでは池中玄太がF-1を振り回し、
CMはA-1だったような気がしている記憶違いか?

後に友人となるフリーのプロカメラマンはA-1を持ち、
住まいの近所で起こった夜間の火災に遭遇
撮影したフィルムを新聞社に持ち込んだのがきっかけで
プロになったと言う

もし、私がOM-1でその場で居合わせたとしても、
夜間ではOM-1のメーターの針を読むことが出来ず
撮れなかったに違いない。
キャノンは高嶺の花だった
e0149335_22512470.jpg

失礼、サンキュッパのリコーを失念してました、、、
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-06 23:08 | キャノン | Comments(3)
2008年 11月 05日

2008年明日香村の稲刈り

明日香村の稲刈りに、先日ごにょごにょゴタクを並べた
ミノルタSR-1で撮影したフィルムが上がってまいりました。

当日は朝から雨
その週末の前日の金曜日、仕事もひと段落つきだし、
週末の予定に思いをはせだした頃
同僚の”T”の姿が無い

胸騒ぎとともに姿を探すと、愛車(BMW)を洗っているではないか
なにするねん、彼が車を洗うと必ず雨になる、、、、、

選んだ機材はAuto W.Rokkor-HH35ミリF2.8、
Auto Rokkor-PF50ミリF1.8、
Auto Tele Rokkor-QF200ミリF3.5
リザーブのボディとしてSR-1sクロームボディ

ところが、開けてびっくり、現場が雨模様だったのでリザーブに付けている標準レンズに換えようと思ったら、標準ではなくMCロッコールの28ミリF3.5ではないか、、、

珍しく標準抜きでの撮影になった、好きな50ミリが無いのは寂しいなぁ
e0149335_21185550.jpg

35ミリ、柿ももう終わり
e0149335_2121147.jpg

35ミリ、芋
e0149335_21244538.jpg

200ミリ、うまい酒、よい飲みっぷり
e0149335_2126271.jpg

35ミリ、さあ、稲を刈ろう
e0149335_21271768.jpg

200ミリ、良い酒が出来そうだ
e0149335_21281839.jpg


秀じぃ様、いつもお誘い有難うございます
明日香村のみなさま、お世話になりました
秀じぃのお友達のみなさま、子供達がお世話かけました
ミモパワーOM1

ラボさんのコメントによると、コマが狭いので、枠が写ってしまうと言う
まさか、日本判?と思ったが(まさか)フィルム装填が悪かったのか、フィルムが偏っていてパーフォレーションにギリギリかかりそうな位置に写し込まれていました
3本とも、、、
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-05 21:41 | ごにょごにょ旅日記 | Comments(2)
2008年 11月 04日

取材カメラマンの真似事

秋11月の最初の3連休も終わりました
何処へ行くあても、資金も無い我が家は、
それでも、色々な行事にて慌しく過ごしてしまいました。

まず、土曜日は、とあるイベントの助っ人
予想とは裏腹に、大忙しの1日でした

日曜日は、長男のソフトボールに急遽お父さんが足りないとイベントの途中で審判員のお手伝いにとお声がかかり、
疲れた体のまま朝からお出かけ。

なれない審判と、珍しくメンバーがそろわず、へたくその長男が出ずっぱりで、変に緊張
家族総出のため、空いた時間は下の娘の「抱っこして!」
攻撃でヘロヘロの私

最後の月曜日に母親の用事をこなす予定だったので、この日は週に一度の買出しの予定だったのと、
お声掛かりが審判のお手伝いと言う事だったので、ろくにカメラの準備も出来ず、けったいなカメラしか持ち出さなかったのは常の事か、、、
(この、ろくでもないカメラがまたろくでもないことに、それはまた別の機会に。)

そしてその日の夕方に、監督からのお願いが
「明日のスポーツカーニバルに写真掛かりとして出てもらえませんか?」の依頼

「明日は買い物の予定が色々、、、」と言いつつも頭の中ではへぼ」息子
(この日も3試合でノーヒット3三振エラー一つ、センターフライをポロリ、
しかし珍しく内野のエラーしたゴロを処理し、本塁へ返球刺殺1!!!)
がお世話になっているし、何より、

「腕章を巻いて、、、、」のお言葉にピクリと反応

腕章付きということは、フィールダ内に立ち入り自由?
おもしろそうやんか

と言う事で、引き受ける

ところが、まさかフィルムで取材なんていうことは無いものの、
手元にカラーネガはわずかに3本、しかもISO100が2本に400が1本

デジカメはオリンパスのフォーサーズの望遠レンズ2本は貸し出し中
後1本残っているはずのシグマの55-200がどこかに行方不明。
結局E500に14-54の1本で1日うろうろする事に
もうちょっと普段から手入れしておかないとなぁ

と言う事で、結局3日とも、お休みすることなく明日はお仕事か、
あーあ疲れたなぁ
e0149335_03199.jpg
e0149335_0312777.jpg
e0149335_0315274.jpg
e0149335_0321063.jpg
e0149335_0324325.jpg
e0149335_03329.jpg


しかし、お約束のテキヤさんがたくさん出席されていましたが、
ベビーカステラの形が郷土色豊かなのはどうなんだろう?
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-11-04 00:37 | ごにょごにょ日記 | Comments(5)
2008年 10月 31日

ミノルタSR-1後期型 2

ミノルタSR-1の軍艦部の段付きについて、今はこのデザインが重厚感として好もしく感じられるようになったのではあるが、以前はただただ古臭く感じられた

では何故、今は好もしく感じられるのか。

このSR-1は最終型で、この後の1965年発売のNewSR-1になるとボディはスリムになり軍艦部の段付きが無くなる
このことをとって見ても段付きが古く感じられるわけです

古臭いと感じたこのデザインが好もしくなったのは、やはり程度の良いボディが手に入りフィルムを通してみたからだと思う。

カメラを構えて巻上げレバーを操作してみると、ボディの大きさの割りに、親指の動きがスムースに感じる
レバーの予備角に親指を掛けそのままボディの背面に反って親指が平行移動する
そのとき、段付きデザインでボディの大きさが親指に与える影響を緩和しているのに気付く
さらにこの巻上げはラチェット式になっていて、小刻みな巻上げもできる
この相乗効果でフィルムを巻上げるのにカメラから右手がが大きく離れる事が無い
巻上げ操作中もしっかりボディを保持したまま、
ファインダー越しに被写体を注視できるのだっ

この段付きには意味がある、意味のあるデザインは納得できる。

雑誌で得た知識なのだが、SR-1のライバルはペンタックスS2、S3あたりになるらしい
手元にあるS3?(SB2)を引っ張り出してみる
当時は小型軽量が売りのペンタックスだけあってボディは一回りコンパクト重量も軽い
巻上げ感はS2の方が柔らかな感触でSR-1は少しだがゴリゴリ感がある。巻上げ角もSR-1の方が大きい
ただしS2は分割巻上げが出来ない

見比べてみると軽快感のあるペンタックス、
じっくり狙えるミノルタ
なんてところかな?

両機種が現役の時代を知っている人にとっては常識でしょうが、追体験のこの身としては新鮮な発見なのです
e0149335_1952426.jpg

ミノルタの一眼レフのデザインの特徴に巻き上げレバーと同軸のシャッターボタンがあります。このおかげで軍艦部はすっきり

ミモパワーの一眼レフ原体験はOM-1でこれが基準になるのですが、ニコン、キャノンなどのお高いカメラを見たときに、OM-1に無いものを発見する。
それが赤い色をしたフィルム位置の指標

普段使うわけではないし、存在理由も良く知らない(接写のときのワーキングディスタンスの確認かな?)のだけれど、格好良く見えたものですが、ミノルタにも付いているんですねぇ、かっこいい。
[PR]

# by mimopowerOM-1 | 2008-10-31 19:55 | ミノルタ | Comments(0)