ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

ミノルタSR-1後期型 2

ミノルタSR-1の軍艦部の段付きについて、今はこのデザインが重厚感として好もしく感じられるようになったのではあるが、以前はただただ古臭く感じられた

では何故、今は好もしく感じられるのか。

このSR-1は最終型で、この後の1965年発売のNewSR-1になるとボディはスリムになり軍艦部の段付きが無くなる
このことをとって見ても段付きが古く感じられるわけです

古臭いと感じたこのデザインが好もしくなったのは、やはり程度の良いボディが手に入りフィルムを通してみたからだと思う。

カメラを構えて巻上げレバーを操作してみると、ボディの大きさの割りに、親指の動きがスムースに感じる
レバーの予備角に親指を掛けそのままボディの背面に反って親指が平行移動する
そのとき、段付きデザインでボディの大きさが親指に与える影響を緩和しているのに気付く
さらにこの巻上げはラチェット式になっていて、小刻みな巻上げもできる
この相乗効果でフィルムを巻上げるのにカメラから右手がが大きく離れる事が無い
巻上げ操作中もしっかりボディを保持したまま、
ファインダー越しに被写体を注視できるのだっ

この段付きには意味がある、意味のあるデザインは納得できる。

雑誌で得た知識なのだが、SR-1のライバルはペンタックスS2、S3あたりになるらしい
手元にあるS3?(SB2)を引っ張り出してみる
当時は小型軽量が売りのペンタックスだけあってボディは一回りコンパクト重量も軽い
巻上げ感はS2の方が柔らかな感触でSR-1は少しだがゴリゴリ感がある。巻上げ角もSR-1の方が大きい
ただしS2は分割巻上げが出来ない

見比べてみると軽快感のあるペンタックス、
じっくり狙えるミノルタ
なんてところかな?

両機種が現役の時代を知っている人にとっては常識でしょうが、追体験のこの身としては新鮮な発見なのです
e0149335_1952426.jpg

ミノルタの一眼レフのデザインの特徴に巻き上げレバーと同軸のシャッターボタンがあります。このおかげで軍艦部はすっきり

ミモパワーの一眼レフ原体験はOM-1でこれが基準になるのですが、ニコン、キャノンなどのお高いカメラを見たときに、OM-1に無いものを発見する。
それが赤い色をしたフィルム位置の指標

普段使うわけではないし、存在理由も良く知らない(接写のときのワーキングディスタンスの確認かな?)のだけれど、格好良く見えたものですが、ミノルタにも付いているんですねぇ、かっこいい。
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-31 19:55 | ミノルタ | Comments(0)
2008年 10月 30日

ミノルタ SR-1 後期型

古い一眼レフの、意外に綺麗な一品を入手できたので、ご紹介。
カメラは、ミノルタSR-1後期型
巻き上げレバーの横にフィルムカウンターがあるので、一番最後の型になると思います
発売は私が生まれる前なんですね、大先輩です。
e0149335_1303680.jpg

SR-1とSRマウントシリーズのレンズは今までに何度かジャンク物を手にしていましたが、たいがい何かしら問題を抱え、たとえば絞りが粘っていたり、ボディが汚くかび臭かったり、したもので、
実際に撮影するまでにはいたりませんでした。(安いものばかり手にするからでは、、、?)

大坂駅前の八○○カメラさんに、中古のペンタックスやヤシカに混じり、このクラスのカメラが手に取れるようにたくさん並べられており、
会社帰りによく立ち寄っては、買おうかなぁ?なんて嬲りたおしていましたが、
なかなか買うまでにはいたらなかった。

買わなかった理由としては、程度もさることながら、
以前に手作りカメラブログにアップした、コニカオートレックスではそのデザインを褒めていましたが、
この頃は、このSR-1も含め、軍艦部の段付きのデザインも古臭く思えたのも事実です

今回、標準レンズ、広角35ミリ、望遠200ミリとこのボディで、すべて動作に問題なく、小奇麗なものだったので、購入意欲も出、手にしたとたんデザインも快く感じ、フィルムを入れようかと言う思いが沸いてきたのです。
おもえば勝手なものです

写真はSR-1にオートワイドロッコールHG35ミリF2.8を装着
フィルターは、これも、購入したときに付いていたワルツのスカイライトフィルター
今回、撮影に持っていくにあたり、適当なフードを物色したところ出てきた
コムラーのフードを着けてみました
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-30 21:12 | ミノルタ | Comments(11)
2008年 10月 28日

嗚呼トプコン35S

今宵は、風が強い
かなり冷気を伴った風である

世間にも不況と言う厳しい風が吹きつつある

戦後最長の好景気と言われつつも、既に0成長のなか、倹約に努めてきている我が家では
さらに倹約、倹約と、気分は寛政の改革

その心はすなわち
「白河の清き水にも棲みかねて もとの濁りの、、、」ではなくて
e0149335_0295370.jpg

「白河の清き水をば求めけり」
てな具合で、2軒目、3軒目と相成りました、ウサも晴らさなきゃ
供の者は酉、申、戌には一人足りませぬが、
ご褒美は黍団子ならぬ清き水
2人力とは言わずとも1.5人力は出ますとも。
e0149335_0343581.jpg

場所はアングラではなく 「ディープ・サウス」

なかなかにふしぎな空間
となれば、いそいそと鞄からカメラを取り出し、ISO400のフィルムを詰め込みます
カメラは、最近入手したばかりの、トプコン35S
純正フード、革ケースまで付いている
シェイクダウンには条件は厳しいが、搭載レンズはトプコール44ミリF2
何のためハイスピードレンズ付きにて生まれけり
もう一人のお供もうらやんでいる
e0149335_043581.jpg

活きのいい板わさに泡入りの飲み物で軽く締め、次ぎの店に
e0149335_04505.jpg

これまたディープなサウスにしか実現しそうに無い空間
e0149335_0461712.jpg

アルコホルを嗜むのにはもってこいの空間
袖刷りあうも何かの縁と、隣り合わせた偶然だけで会話も弾む。
e0149335_048861.jpg

本当に、ご馳走様でした美味しいお酒でした。

絞り開放で、距離計でもってしっかりと狙ったのですが、どうもピントの調整不足か
どれも後ピン。

オマケの話は、大事な純正フード、失くしては大変と、
店を辞してすぐケースにしまいこみカメラもしっかりとホックで止め
帰路の電車を待つ間、
何と純正ケースの革紐が 「ブチッ!」プラットフォームに「ゴン!」
革のケースにはダメージ無く、中身にも凹みなし
ほっとしたのがとんでもない
距離計は完全にズレ、シャッターはプチッというものの羽根は開閉せず
あはれ、病院送りとなりました

嗚呼、絶句。

どこが、倹約話なんだろう?
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-28 01:03 | レンズシャッターRF機 | Comments(4)
2008年 10月 25日

ある日のお仕事を御紹介いたしましょう

いったい、ミモパワーは、日頃、仕事をしているのか
と言う声が耳に入ってきます

どうやら私は皆さんに、誤解を生みやすいようですので
この場を借りまして、仕事の一端を、ご紹介しようかと思います

♪チャンチャラチャラチャラチャンチャンチャン
 チャンチャラチャラチャラチャンチャンチャン
 チャラチャラチャンチャンチャーン
秋も序々に深まってまいりました、
今日は秋の新鮮な食材を使った、鍋をご紹介いたしましょう

用意する材料は、フレッシュコンクリート 無筋の物が良いでしょう
e0149335_8315339.jpg

直径10ッセンチ、高さ20センチに切りそろえたものを用意いたします
e0149335_8321899.jpg

次に御出汁の準備です
行平鍋に、採りたての粉末硫黄。 御出汁はそれだけです
シンプルなお味に仕上げます
e0149335_8324416.jpg

ゆっくりと加熱します
e0149335_833924.jpg

焦がさないように慎重に加熱します
沸騰する直前に火を止め
e0149335_83345100.jpg

取り皿に流し込み、
e0149335_834369.jpg

先に切っておいたフレッシュコンクリートにコーティング~~~~~~~~
e0149335_8342518.jpg

美味しくなりましたねー
e0149335_8345146.jpg

上下から押しつぶしながらいただきます

今日は、新鮮な秋の味覚を紹介いたしました

プレゼントです、フレッシュコンクリートの切れ端をご希望の方にプレゼントいたします
そのままコースターに、
又はアレンジして小物の台等に便利です。
ご希望の方は、「頂戴」と声をかけてください
残ってたら差し上げます、
残ってるかなぁ?
e0149335_8355881.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-25 08:36 | ごにょごにょ日記 | Comments(5)
2008年 10月 23日

明日香村の稲刈りイベント

今週末の日曜日は、明日香村で稲刈りの予定です
これは、明日香村で行われている、日本酒オーナーの会のイベントです
e0149335_0124845.jpg

庄屋どんの秀じぃから、今年もありがたく招集がかかった。
小作人のミモパワー一家は、労働奉仕に駆けつけるのです
e0149335_0131985.jpg

腰をかがめて、危なっかしい手つきで稲を刈り取り
おぼつかない手つきで稲を束ねはざかけにかけます

働いた後のご飯が美味しい!

汗をかき、藁屑にまみれ、筋肉痛の恐怖に耐えながら
それでも、普段ではない1日が楽しいのです
e0149335_0185888.jpg

小作人ミモパワーは、田んぼに落ちている落穂を拾い集め
さらに、うらぶれ気分を満喫します
とは言いながら、働きもせずに、傍で写真を撮ってます
e0149335_0224781.jpg

写真は庄屋どん

掲載写真は、2年前の同じイベントにて
カメラは調子の今一だったキャノンのF-1旧にFD50ミリF1.4、FD28ミリF2.8、FD135ミリF2.5

さて、今年は何を持っていこうかな?
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-23 00:32 | ごにょごにょ旅日記 | Comments(4)
2008年 10月 19日

ミツビシカラー35ミリF3.5

高級カメラの高級たる由縁の一つに、レンズ交換システムがある
そのマウントは独自のものだが、各社共通の規格により作られた(真似た)カメラマウントがある

世に言う、ユニバーサルマウントで、
レンジファインダーなら、ライカスクリューマウントL39、最近はライカMマウントもそうなりつつあるようで、
一眼レフなら、エキザクタマウント、ペンタックスプラクチカM42スクリューマウント、
規格を公開したと言う事では、Kマウント、最近のデジ一眼ならフォーサーズマウント

ちょいとクラシックなカメラレンズファンなら、M42スクリューマウントは色々な種類のレンズが楽しめる格好のユニバーサルマウント

斯くいう私もはまっていますM42

この夏、変わったブランド名のレンズを入手。
日本が誇る財閥も手を出していたのでしょうか、その名も
ミツビシカラー35ミリF3.5M42マウント

多分にどこかのOEMだと思います、作りからいうとチノンと言ったあたりでしょうか。
少し大柄なレンズです

一眼レフを手に入れてから、最初に手に入れたのは28ミリだったので35ミリはあまりなじみが無いのですが、
YASUさんの影響で35ミリが増殖中です、、、

この夏に、いつものように近所の公園で娘を撮ったものです
e0149335_23334032.jpg

e0149335_23343826.jpg

e0149335_23351740.jpg
e0149335_23354317.jpg
e0149335_2336382.jpg

近頃愛用のM42マウント機、チノンメモトロンとの組み合わせ。
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-19 00:05 | M42 | Comments(5)
2008年 10月 18日

キョウセラ サムライ

キョウセラ サムライは、最初2倍ズームで出ていて、これは3倍ズーム。

出たとき、よく写ると話題になり、キョウセラブランドと言えばサムライと言う印象が強い

いわゆるブリッジカメラと分類されるカメラで、ブリッジカメラの元祖と言えば、チノンのジェネシス、あと、有名どころといえば、オリンパスのLシリーズ、リコーのミライ、そのOEMのオリンパスIZM300。ほかにもあったらごめんちゃい
e0149335_21554869.jpg

サムライは、35フィルムをしたから上に巻き上げて、シングルフレーム、いわゆるライカ判の半分のハーフサイズに画像を写しこむようになっており、
全体のフォルムは縦型なので、通常右利き用となっている。
e0149335_21565124.jpg

キョウセラはなかなか楽しい会社で、サムライZのときに右利き用と左利き用が用意されて、片手でホールディング出来ることとあいまって、
両目に当てて、右と左に泣き別れすれば、強制的にロンパリになる
脳みそが追いつくまい、擬似カメレオン体験
2丁拳銃ならぬ2丁カメラ使いが出来る!
e0149335_21581357.jpg

と、今にも購入しそうな勢いだったのですが、まぁ貧乏なことに加え、決定的に購入にいたらなかった理由があったりする
e0149335_21591424.jpg

それは、高島屋で開かれていたカメラショーのブースでの出来事

コンパニャーの言うことにゃ
「サムライにグリップが付いて、さらに使いやすくなりました!」
「どれどれ(と手にする)あのー、グリップをつけると、わたすの小さな手では、 シャッターボタンに指が届かないんですけど、、、」
私のお手ては、びっくりするほど可愛いんですよ
コンパニャーいわく
「その場合には、グリップをはずしてお使いいただけますよ」
せっかく新しくなったのに、外したら、元に戻るじゃん
e0149335_2212824.jpg

私の住んでいるK市の、中心N海本線K駅前商店街の中の甘味どころです
昔からあり、記憶ではもっと駅に近いところで営業していたのですが、今の位置に移っていたんですね

と言っても、このブログを見る人はまずわかるまい、、、

トラやのトラ焼き、と、子供の頃の記憶なのだが、どうやら、”とらやき”がほんとの名前らしい
世間一般に、回転焼き、今川焼きと言われる類の、「とらやき」を良く食べたものです、「ござそうろう」などを知ったのは、家内と結婚してから

先日息子のソフトボールの練習試合を見た帰りに、久々に立ち寄り
ワラビ餅とみたらし団子を買う

最近、みたらしと言うとスーパーでパックされたものしか食べていないので
しっかり”焼き”が入ったみたらし団子はやっぱりうまい。

最近は、カメラが欲しい病も、かなりこじらせた様子でまともでないと自覚している。

ジャンクコーナーから引っ張り出し、それでしっかり写せたりすると、無上の喜びとなったりする、かなり重篤だ、

でジャンクコーナーでめぐり合ったサムライ
出会った当初は当然動かない

ここで、心眼を見開き、機械と心を接続する
         (カメラと心をつなぐ)と読む

なんてのは大げさながら、皆さんも経験がおありでしょう
まずは外観、大きな損傷はなし
レンズを覗き込む、カビなどもなし
フィルム室を開け、、大きな異常が無いか?
電池ボックスの中はどうか?
もっとも、このサムライは リチウム電池なので、液漏れはまず無い

恐る恐るレンズをまわしてみる
無理なく動いている
付属品にフィルターが付いている、まずまず綺麗

ここでいやらしい銭勘定、フィルターだけでもめっけもの
駄目で元々、動くかどうかは五分と五分(以下かなぁ?)
来た、見た、買った。

さて、家に戻って、電池を入れてみる、完動品である
来た、見た、勝ったーーーーーーv(^^)v

陣笠に戻る、もちろんフードのことである
純正のフードはあるのだろうか?
e0149335_2264451.jpg

コンタックスレンズの生産で、コーティングの技術も上がったであろう
京セラオプティック
マルチコーティングなどによる技術の進歩でズームレンズは性能も上がり
だからこそ、オールインワンのブリッジカメラが生まれているのだが、、、

大概の場合、フードは無くとも、破綻は少ない
でも、それでもフードのあるなしで、コントラスト、発色は改善される 

で、白羽の矢を立てたのが、フィルター径49ミリだったので
アサヒペンタックス49ミリ径標準レンズ用の円形プラスティック製フィルター

何しろAFレンズだからモーターに負担をかけたくないし
レンズのピントあわせ、ズーミングでで前玉は回転するモンね

さて、写真は岡部5万石の岸和田城本丸を、北側に位置する岸和田高校のグランドから、
逆光状態で広角側で写す

残念ながら、四隅でケラレがでてしまった、残念無念
また、レンズに直接太陽光が入り込んだので、ゴーストも発生
結果から見ると、ペンタックスの35ミリ用円形フードがジャストフィットかも
e0149335_2282929.jpg

サムライのオートフォーカスは、当然遅い

子供の写真を良く撮ります。
よそ様から見れば、よくも飽きずに、が、関の山

たくさん写すとなると、ハーフサイズが2倍写せる
でも、子供が出来た頃にはハーフサイズなんて過去のもの、

当時、持ってはいなかったが、一眼レフでペンF、FTがあると言ったって、
ペンFTになって、メーターが内蔵されたぐらいで、じっくり写すには良いけれども、
ちょこまか動く子供を写すには、AEぐらいは付いていて欲しい。

ペンEEシリーズでは、ピント合わせに不満が残る

サムライなら、AE露光で、不意にチャンスが来ても失敗は減らせるじゃないか!

と思いつつ、手が出ないで今日に至る

で、今となってしまうと、賢い選択はデジタルになってしまった

でも、デジタルはなんとなく味気ない、追い求めていた失敗の無い写真が
却ってつまらない、その場に居合わせれば誰がボタンを押しても同じように写るなんて、、、
すごい事なんだけどね。

さて、念願かなって手に入ったサムライでチビを写す

おくれて、参上したグランドでは、長男のチームは待機中、
奥様連中は会話に花が咲く
下の娘は同い年の友達と知らず知らずに追いかけっこ
チビは駆け回るので、サムライのAFでの追随は、ウチの下の娘でも捕まえきれない

で、置きピンで狙う

同じコースをぐるぐる回るので、待ち構えておいてプチッ!
e0149335_2285299.jpg

マニュアルフォーカスの方が世話が無いか、
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 22:09 | キョウセラ ヤシカ | Comments(0)
2008年 10月 18日

高知日帰り旅行記 奈半利

e0149335_18194275.jpg
e0149335_1818970.jpg
e0149335_1818393.jpg
写真は土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の奈半利駅にて撮影
キャノン セレナー35ミリ
お仕事を終え、観光案内までしていただき、その後開放されてしまいました
私と違って先方は忙しいでしょうから、、、

奈半利は漁師町のようで、駅の近くに港があり遠洋マグロ漁船は遠くインド洋にまで漁に出るのだそうだが、
この日は、数隻錨泊したままで、出港しても赤字だそうな
e0149335_1819616.jpg

高知に戻り、夜行のバスまでぶらぶらとカメラ散歩の続きを再開しよう、お土産もゆっくりと選んで。

と、当初の予定通りだったのですが、電車に乗っていると、足が痛い
出張に普段履いている靴は、穴が開いているので、さすがに先方に失礼かと
買ったばかりのスニーカーは幅がちと狭い

仕事になんで、スニーカーと、お思いでしょうが、
この日の私の服装はと言うと、作業着姿なんですねぇ

朝の早うから、カメラとでかいカメラバッグを肩からかけた作業服姿のおっさん
世間には異様な姿に映っていたに違いない、、、

どうにも足が痛むので、これから歩けるのか、そういえば会社の同僚に明日の朝、車で迎えに言ってやると約束してたが、夜行で帰ると時間がギリギリ

この時間なら、も一つ前のバスで今日中に帰れるかも、
バスの時間を調べると夜行の一つ前の最終は16時30分、
電車の発射時刻は15時01分、
微妙な時間、間に合うかどうか、、、

ふしぎなもので、夜行のつもりでゆったりしていたのが
今日中帰れるバスに間に合うかもとなると急に里心が付いて
「おうちに帰りたいよー」なんて気分になってしまう

高知駅に16時20分到着、急いでバスターミナルへ
切符の変更を申し出ると、空きがあればとの事
手続き完了が27分
大慌てで駅のキオスクに取って返し、お土産を2、3摑んで買い込みバスになだれ込む
切符を渡したバスの運転手さんに
「とんぼ返りですね!」と話しかけられてびっくり
昨夜の運転手さんではないですか
朝に雨ですかね?と、作業着オトコが声をかけていたのを覚えてたんですねぇー

こうして、高知出張の幕が閉じました
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 18:22 | ごにょごにょ旅日記 | Comments(0)
2008年 10月 18日

土佐 幕末をしのぶ

通りを歩いていると、城の大手門に当たる
その手前には高知大神宮

そして、もう少し戻ったところに
武市瑞山殉節の地という碑が銀行の角地にある

前に訪れた時には、この碑があるのに気づかなかった

司馬遼太郎の小説で、武市は白札郷士の格で登城を許された身分とされていて、
(だったかな?ちがったらすみません)

その武市率いる土佐勤皇党の「人斬り」と言われた岡田以蔵は後にとらわれた際には士分として扱われなかった

武市は上士格だったので、この城内の地で刑を受けたのだろう
この碑のある角から、黄色い高知大神宮の鳥居の方向が高知城本丸になる
e0149335_2271080.jpg

みなもと太郎のマンガ「風雲児たち」では、竜馬、以蔵と幼馴染でユーモラスながら
上士格らしく貴族的に描かれ、城の殿様を敬っていた
e0149335_2264286.jpg
彼としては、場内で最後を終えた事はせめてもの救いだったのかもしれません

坂本竜馬の盟友として知られる中岡慎太郎

北川村にある、中岡慎太郎の生家に案内してくださったのは、取引先の社長さん

しかし、中岡慎太郎の事は知ってはいたが、彼の生まれ故郷を訪ねることがあろうとは思いもよらず、と月並みな感想

出張先の高知市内に入ってから見た観光案内看板により、訪ね先を確認しながら
「おっ、近いところにあるんだな!」と意識はしたのだが、、

歴史は好きで、機会があれば訪ね歩いたりする私でも
正直こういう機会でもないとなかなか来ないと思われる
中岡慎太郎ファンには失礼か、、、

こういう驚きは、予備校時代の気の会ったヤツの実家の横に
塙団右衛門の戦死の地なる碑を見たときぐらいの驚きでしょうか、、、

 古千屋
 「樫井(かしい)の戦いのあったのは元和(げんな)元年(がんねん)四月二十九日だった。大阪勢(おおさかぜい)の中でも名を知られた塙団右衛門直之(ばんだんえもんなおゆき)、淡輪六郎兵衛重政(たんなわろくろうびょうえしげまさ)等はいずれもこの戦いのために打ち死した。殊に塙団右衛門直之は金(きん)の御幣(ごへい)の指(さ)し物(もの)に十文字(じゅうもんじ)の槍(やり)をふりかざし、槍の柄(つか)の折れるまで戦った後(のち)、樫井の町の中に打ち死した」
漢字が判らないので、ネットで検索してみたら、
芥川龍之介の文章が出ていたので、無断引用御免くさい。
e0149335_2292788.jpg

来てみて驚くのは、交通手段も、メディアも、無い時代に、
海すら見えぬ山深い、しかも四国のまた、険しい山に囲まれた土佐の北川郷で
天下国家に夢をはせ、思いをめぐらせた漢というのは、
どれだけ大きな人間だったのだろうという感想を素直に思ってしまいます
その感想を述べると、社長もうなずかれた。
e0149335_2295341.jpg

大庄屋というには、小さな住まい、私の父方の、十津川の田舎やよりもっと小さい。
田舎の家の裏を通る小さい道は、クマの街道と父が言う
ちがった、熊野街道。その田舎やは街道を通る人たちの為の宿屋をしていた家らしいが、、、
e0149335_2302352.jpg
e0149335_230392.jpg
e0149335_2305716.jpg


土佐は、中岡以外にも、草深い村々からたくさんの志士が出現している

人は、志の高さが必要ですなぁ
他人に厳しく自分に甘く、理想は高く現実はあくまで低く、身に降りかからなければ他人事

文にまとまりがないなぁ、、、これ以上書いても、余計わからなくなりそうだ
恥ずかしき40代ですな。
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 02:35 | ごにょごにょ旅日記 | Comments(0)
2008年 10月 18日

キャノン 100ミリ F3.5 Lマウント

今回の主役として選ばれたキャノン100ミリF3.5(L)マウント
小型、軽量、写りにも定評のあるレンズです

元々、一眼レフ世代、レンジファインダーはあまり得意でなく、
経験も豊富ではありません

クラブの長老からは
距離計に頼ってはならぬ
理力(フォース)を信じよ
それが、RF上達の道じゃ
と道を票されますが

現代社会生活に飼いならされた身としては
クラブのお仲間のYASUさまのような野生は既に退化している

よって、100ミリの出番は少なく
今回に寄せる期待は大きい

朝なので半絞りほど絞ってF4のはず
さて、おお、写っているではないか、、、、、?
e0149335_2131351.jpg
e0149335_2133014.jpg
e0149335_2134550.jpg
e0149335_2141519.jpg

このレンズとの出会いは、もうかれこれ1年以上前
ケースと、ファインダー、フードのセットで
整備済みとの事でしたが
かなり相場よりはお安く購入

RFのカメラはあまり得意でないので
使うことなく来てしまった

よく写すのがチビ共の写真
何しろ、ライカⅢcのファインダーでチビ共を追いかけるときも
一眼レフの感覚でフレームしてしまう愚かさ

結果は予想がつきますね、
頭ちょん切れ写真のオンパレード

そんなものだから、100ミリに飛びついたものの、
写すにいたらなかったんだなぁ

e0149335_2143925.jpg
e0149335_2151129.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 02:17 | キャノン | Comments(0)