ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フジ( 40 )


2013年 10月 07日

怒涛の夏休み ディキャンプ ナナフシ発見 

いよやかの森で久しぶりにナナフシと遭遇。
注意書きの看板にとまっていたので気づいたんだが普通じゃ多分気づけない
取って頭に乗せて小学生の子供達にお披露目、みんな見たことがないので気味悪がることしきり。
木の葉を食べるだけのどうってことない虫なのにね
e0149335_12441432.jpg

サナに連れて帰るか?と聞くもこれまた気味悪がって、首を傾けるだけ。
じゃぁ置いていこうと木に戻した。
木に戻したところでもう一度記念撮影
e0149335_12454741.jpg

だけども結局連れて帰るだって。
またお世話しなけりゃならない。
フジカAX-3 X-フジノン55ミリF2.2
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2013-10-07 18:04 | フジ | Comments(0)
2013年 10月 04日

怒涛の夏休み ディキャンプ編

7月最後、草加出張の予定が重なっていたのだが、子供会の行事予定のディキャンプのため有給を申請しておいた。
直前になって出張の予定がずれたので、連絡を入れ飛び込み参加、場所はいよやかの里
e0149335_19344142.jpg

誰がいたずら書きしたんだろう、なんとなく”最速の手押し一輪車”という趣。
こころなしかハンドルが十分なダウンフォースを発生させて路面をしっかりグリップするように見える
e0149335_19371376.jpg


さて”最速の手押し一輪車”でもって運ばれてきた薪で飯盒を炊く、子供会の協力者の中学生たちが一生懸命火をおこし、ご飯を炊くのだが、主役の小学生たちは周りから見ているだけ、
”ほら、もっと、自分たちでやらないと!”とはっぱをかける。
e0149335_19402370.jpg

飯盒でごはんを炊くのは難しい、だいたい焦げたり、米が固かったり、火力が調整出来て安定しているなら鍋で炊く方がよっぽど安定して炊けるんだけど、今年の中学生たちはとても上手にご飯を炊いた、とてもうまかった。
e0149335_19435150.jpg

フジカAX-3 X-フジノン55ミリF2.2
e0149335_19494185.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2013-10-04 19:51 | フジ | Comments(2)
2012年 10月 02日

回転すし

e0149335_19251480.jpg

回転すし
長女は魚介類が好きで外食というと必ず回転すしが良いという。
100均以上に、安いと油断しているとけっこうお値段が張るので気軽にはいけません。
回らない鮨になると… ああ、考えるだけでも怖い…

スポンサーが付かないとね。
e0149335_1929372.jpg

フジ Silvi F2.8

e0149335_19293347.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-10-02 19:30 | フジ | Comments(0)
2012年 10月 01日

屋上に上がる

今の勤務地は富田林の流通センター内、建屋は倉庫でその一部分が事務所になっている。
倉庫は2階建てだが、一階倉庫が一般の建物の3~4階ぐらいになっていて、2階がこちらも2階ぐらいの高さがある。
事務所は倉庫にくっついて普通の2階ぐらいの高さになるので水道は普通に上がってくれるので、屋上に機械室なんかはない。
だから普段は屋上には上がれない。

が、建ってから年数を経てきているので雨漏れなんかも出てきている
外壁の補修をすることになった。
倉庫をぐるっと足場で囲み、壁の傷みを補修し、塗装をし直す
窓からの視界はまったく悪くなる。

補修もいよいよ終盤になり、きれいに補修されているかどうか見回るというので、くっついて屋上に上がった。
e0149335_18524484.jpg

だから、この風景はそうそう見れるものではない。
もちろん大した風景でもなく、わざわざ見るほどのものでもない。
それでも、貴重と言えば貴重な経験、
フジフィルム Silvi F2.8のワイド端24ミリで取ってみたけれども
こういうただ単に広い場所では24ミリといえどもまだ広がりには欠けている気がする。
e0149335_1951752.jpg

24ミリでは広がりに欠けると言いながら
コンパクトボディに24ミリだけあって、気軽にカメラをつまんでいると指が写ってしまっていたりする
なめていてはいけませんね。

一緒に上がった同僚たちは高さと下が見える足場の階段に、恐怖の奇声を上げるが
ミモパワは高所は苦手ではない。

実家を建てるとき、棟上げ式をすると大工の棟梁が張り切っていたとき
一緒に3階建の柱と梁しかない家の3階天井部分の梁まで上がって餅をまいたことがある。
3階天井部分となると、梁の上に立っていると体が宙に浮いた気分になる。
本当はよろしくないことだが、そんな高所にかかわらず、安全帯はつけていなかった。

ま、そんなのに比べれば全然怖さもなく、ただの屋上風景にカメラを持って行ったものの
なんの面白いものもない。

今更遅いが、棟上げ式の時にカメラをポケットに忍ばしておくんだった。
カメラは持ち歩かないとダメだってことですね。
フジフィルム Silvi F2.8 24~50ミリF2.8-5.6
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-10-01 19:07 | フジ | Comments(0)
2012年 09月 20日

お昼はカレー

続京都潜入昼食編、
何か蕎麦でも安いところでと、しかし進む方向にはそれらしいものはなく。
以前にお邪魔したことがある”あいばカレー食堂”があるから何もなければそこを保険にと、行くつもりが何のことはない、そこを目指しただけという結果になった。
e0149335_12551855.jpg

今悩んでいるのが、これをコムラーで写したのか、フジノンで写したのか記憶が定かでない。
確か道を挟んで写したはずなのでコムラーじゃないかと思うのだけど、記憶がはっきりしない。
で、ここまでたどり着き、ランチメニューが”チキンカツ”
これは悩ましい。

まず席に着く、
e0149335_135862.jpg

店内は適度な客入り状況、隣の席の家族連れは料理の配膳を待っている。

カツとなると、メニューから選ぶものは自分的にはまず”トンカツ”が来る。
次に”メンチカツ”
たまにしか外食しないからその繰り返しトンカツ2:メンチカツ1ぐらいのローテーション。
だからメニューから”チキンカツ”を自ら選ぶことはほとんどないと言っても良い。
だが、選択肢がない場合に”チキンカツ”を食べる時があり、その時にはいつも”チキンカツ”も美味しいなぁ、と改めて再認識すること多し。
ということは、こういうランチメニューとして掲載されている場合には”チキンカツ”の日になる筈なんだった。

がこの日はもう時間も余裕なく、最短時間で食べれるもの、すぐ出てくるものとして”カレー”を選ぶことになってしまった。
e0149335_13314848.jpg

もちろん、時間がないので余計なものを載せないプレーンな、カレー

しかし、そこは”カレー食堂”と銘打つだけあって、お肉はトロトロ、うまみは十分。
カレーだけは辛いのが好きなミモパワとしては、一味でもあれば振り掛けたいところだが
それなくしても充分の美味しさ。
ライスは健康志向の玄米ご飯。

e0149335_13355389.jpg

入り口側には近くの百貨店の女性店員らしい二人連れが食事の後に熱心にディスカッション中。

たしかレンズ交換は店に入ってからしたはずなんだが…
となると、最初の一枚はコムラー100ミリかな?

e0149335_13391990.jpg

ペンタックスSP フジノン55ミリF1.8(鉄リング)
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-09-20 18:12 | フジ | Comments(0)
2012年 09月 10日

Silvi クイックショットモード

Silviのクイックショットモードを使ってみる。
夏の夕方、まだ残照が残る中、会社帰りに松原まで足を延ばした帰り道にミニの専門店を信号待ちの車の窓から写してみる。
e0149335_20231433.jpg

パンフォーカスで絞り込まれているはず。
フジフィルム SiliviF2.8
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-09-10 20:26 | フジ | Comments(0)
2012年 09月 07日

旧泉州銀行本店

家内が銀行に用事があるというので岸和田中心部まで送る。
車で待機していたんだが、すぐに戻ってきそうにないので外に出てきました。
と、そこに小さい案内板が設置されている。
この建物は、村野藤吾の設計だそうな。
e0149335_12435938.jpg

左手の石造りの建物がそうです。
石壁のすっきりした外観で、子供のころから見ていて
なんとものっぺりした建物だなぁ…
としか思ってませんでしたが、歴史的価値のある建物の一つなんですね。
e0149335_12495664.jpg

Silviの、コンパクトカメラでは数少ないワイドなレンズの24ミリでも、建物のある側の歩道では全体を写すとなると、ちょっと難しい。
e0149335_12525270.jpg

検索すれば全体は出てくるでしょうから興味があれば見たってください。
Silvi F2.8 24~50ミリF2.8-5.6
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-09-07 17:36 | フジ | Comments(4)
2012年 09月 06日

スイッチヒッター

野球でいうところの、左右両打ちということですな。
ミモパワの愛する阪神タイガースにはなかなか定着しませんが、ほかのチームのこのタイプの選手というのは、見ていてまったくうらやましい。

e0149335_202040.jpg

引っ越し最中の、とある日の昼食に寄った岸和田市内のモスバ店内にて。
最近写すものがないので手当たり次第です、何でもいいからシャッター切ってりゃ気分が良い(こりゃビョーキです)。
で、スイッチヒッターなんですが、このカメラは左右両打ち。
e0149335_2061663.jpg

フジフィルム シルヴィF2.8
つまり右手で握っても左手で握っても、それぞれの人差し指でシャッターが切れます。
もしくは両手でつまむように持って、気分で左手の指でシャッターを切ったり、右手でシャッターを切ったり…
って、そんなシチュエーションが必要か???
左右両打ちじゃなく、自分撮りの時のためのシャッターなんですがね。
おぢさんにはほぼ必要のない機能…
タイガース同様、定着しそうにありません…

ですが、フジも面白いカメラを出したものです、
Super EBC FujinonZoomは24ミリから50ミリ、
24ミリ端での解放F値はF2.8!
コンパクトなボディも素晴らしい。
クイックショットモードを選べば、AFがOFFになりパンフォーカスでシャッターに素早く反応!
そんなカメラをジャンクで手に入れるというのはどうなんだろう???(ああ、ビンボーが悪いんだい)

いちおう おぢさんですが、反射神経はまだまだ若い者には負けとらん!
ズームボタンをLSIゲームやゲームウォッチで鍛えたちょい押しで素早くチョンチョン!と押してみましたところ
ワイ端24ミリから50ミリまでどんなに頑張っても、行きも帰りもチョン、チョン、チョンの3ステップ止まり。
これはもしかすると24→28→35→50の、よくある焦点距離のステップになっているんだろうか?
それは考えすぎのような気も致しますが…。
e0149335_2024076.jpg

Super EBC Fujinonn Zoom 24~50ミリ F2.8-5.6
5群6枚構成なんだって…

出来ればブラケット機能のあるSilviブラックがほしかったなぁ。
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2012-09-06 20:35 | フジ | Comments(4)
2011年 08月 31日

サナちゃんも―  続

最初こそ、落ち着かなかった様子ではあったものの、カットが始まればおとなしく座っていた。
e0149335_19542358.jpg

カットを担当したのは店長さんのようで、小さい子の扱いも手慣れているのでしょう。
途中から、モニターに映し出されるカンフーパンダに見入ってました。気楽なものです。
e0149335_1957417.jpg

フジカAX-1 EBC Xフジノン-T100ミリF2.8
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2011-08-31 19:59 | フジ | Comments(0)
2011年 08月 30日

サナちゃんもー

ネェネがしゅるんだったら、サナちゃんもしゅるー。

おとなしく座ってられるンやろか?
e0149335_161566.jpg

ちょっと心配。
フジカAX-1 EBC Xフジノン-T100ミリF2.8
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2011-08-30 17:45 | フジ | Comments(0)