ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 27日

オリンパス35RD

e0149335_19231243.jpg

オリンパス35シリーズのピントリングには、爪がない
一眼レフ育ちのミモパワーは、レンジファインダーの爪の使い方を知らなかったので
こちらの方が好みでした
一眼レフと同じように、親指と中指(指が短いもので、、、、)ピント調節をしていました
でも、縦位置に持ち直したときには、距離計窓や、ファインダーを隠してしまい、戸惑うこともしばしば。

傑作だったのは、中古カメラ市ではじめてコンタックスⅡを触らせてもらったときに
測距窓をふさぐ持ち方で、ピントが合わないーーーといって、販売員さんに、隠してますよ!と指摘を受けました(T T)

昨年の夏のこと、キャノンⅡDのボディに、沈胴式のセレナー50ミリを手に入れたとき、
初めて、爪の使い方を知った
そうかぁー、左手の人差し指で、引き金を引いたり押したり?するように使うのかぁぁぁぁ。

開眼してしまうと、オリンパス35RDのピントリングに爪がないのが気になってくる。

オリンパス35RDの最大の売り、シャッター速度優先EEと、マニュアル露出なのですが、
このマニュアル露出のときの使い勝手は、最悪。
絞りリングがレンズ鏡胴の一番ボディよりにあり、
また、コンパクトなサイズが災いして、リングの幅が狭く、
不器用に太いミモパワーの指では、迅速な変更は難しい
事実、Aの位置からずらすときには、ファインダーから目を離して、リングを視認しながら出ないと動かせない

マニュアル露出はあくまでも緊急用で、あくまでもシャッター優先EEで使うカメラなんですね。
今回も、ほとんどはシャッター優先EEで、写していました。
それでも、プログラム露出よりは、カメラを操る楽しみがあって、良いのですけどね
e0149335_19385787.jpg
e0149335_19401663.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2009-03-27 19:44 | オリンパス | Comments(0)


<< マイ ファーストカメラ トーゴ...      オリンパス 35 シリーズ >>