2008年 10月 18日

プリズマ撮影記

プリズマのウエストレベルファインダーでもって撮影しようとて、
通勤途中の愛車の運転中に先頭で信号待ちになった時、
おもむろにサングラスを外しドアを開け車の前方に回りこみ、
路面にプリズマを置き、ファインダーを上から覗きこみ、
カメラを指で地面に押さえつつ、シャッターボタンを押し込む。
流れるような一連の作業

なんと、怪しい行動、怪しすぎる。けっして健全な撮影行為とはいえない

しかし、手軽なコンパクトカメラゆえ、ピント、露出はカメラ任せの楽チン作業
構図さえファインダーで確認すればよし。
怪しい撮影行動も、不手際無く進みます

交通量の多い交差点でも、せっかく先頭に出たときには、パチリ。
e0149335_127348.jpg

朝の曇り空で、光量が少な目とは言いながら、
フィルムはISO400のネガを詰めているので、
被写界深度は十分深いはずなのです。

カメラのすぐ手前の地面のピントがアウトフォーカスになっているのが見かけ上
被写界深度が浅くなっているように錯覚しませんか?

俯瞰から、アオリを効かせた写真が話題になりましたが、
見かけ上被写界深度が浅く見えるおかげで、乗用車がミニカーのように見えなくもない?

私はこれを「寝転び効果」と呼んでいます、子供の頃にごろりと横になりミニカーをコロコロ転がして遊んだことを思い出しませんか?
e0149335_1275738.jpg

自動車を自転車に乗り換えて、ご近所を徘徊
「これは」と思ったところで、地面にうずくまりプチッ!

街をローアングルで捉えると気分は「ノラ猫」
静かな住宅街を静かに移動する最中は
このように見えているのでしょうか?

にゃんだか、いいにおいがするにゃあ!

街中歩きで、ローアングル。
いつもの光景も新たな発見
e0149335_1283949.jpg

タイヤとホイールが質感良く映っている写っていると思いませんか

それにしてもこのレンズは3枚構成にしては良く写るなぁ
レンズ3枚で35ミリの広角なんて、、、
確かに、画面の端では流れ気味ですけどね
e0149335_1292174.jpg

ライツのエルマー35ミリのF3.5は3群4枚のテッサータイプで
テッサータイプで35ミリはちょっと無理がある、、、と本で読んだ事があるのだけど
(持ってないので使ったことは無いんだな、これが)

しっかり絞った結果でしょうが、ここまで写るとは、嬉しい誤算です

オートボーイ3は38ミリF2.8で4群4枚
画角が狭いがF値はF2.8と明るくなっています
描写性重視なのでしょうか

同時発売されたオートボーイライト2は3群3枚で35ミリF4.5
実際は同じレンズで暗くしただけなのでしょうか

ジャンクでイキのいいのが入ったら写し比べてみるのもいいかもしれませんね
e0149335_1295692.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2008-10-18 01:30 | キャノン | Comments(0)


<< レンジファインダー キャノン      キャノン オートボーイ プリズ... >>