ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 27日

野中寺再訪

野中寺を訪れた時、隣に野々上八幡宮があることに気づきながら時間が無く、次の機会に野々上八幡宮を訪れた。
野々上八幡宮を訪れた後境内からもと来た場所に戻らずに野中寺に降りてゆく。
(~ややこしいなぁ~)
すると前回の中寺に来たときに気づかなかった(もちろん目にしてはいたのだが)大きな石の塊が今回は目に入ってきた
(~ややこしいなぁ~)
e0149335_20254424.jpg

こないだ来た時は、野中寺廃寺の礎石群に目を奪われていて、この庇の下にあるものをてっきり屋台か何かを収納しているものと思っていました(^^;)
e0149335_20271424.jpg

ヒチンジョ池西古墳石棺だったとは。いやいや御見それしていました、こんな大きい石だから目に入らん訳ぁ無いもんね。
気持ちが入ってないとこうなるわけだ。
同じことで言えば、野中寺のことを”中之太子”と呼ぶそうな、聖徳太子所縁の三つの寺のうちの真ん中だからだそうで、山門横の石碑にも”中之太子”としっかり刻まれている、見てもなんとも思わなかったのか?
はたまた、その漢字を読めなかったのか(^^;)
写真を撮って、あとから見るのって結構面白い。
画像で見直すと新たな発見があったりする。
私の苗字はどちらかといえば少ないほうと思うのだけど、野々上八幡宮の石柱のなかにおなじ苗字を発見した(一応、ナイショね!言っちゃ、書いちゃ駄目よ。)
e0149335_2034395.jpg

何年前だったか、石持ちになったとき、診察してもらっていた内科で、同じ苗字のおばさんと居合わせたことがあった。
出身を聞いたら奈良の大和八木だという。
やっぱり同じようなところの人なんだ、それで同じ苗字なのね。と感心したものです。
ここら(羽曳野です)とは縁が有るとは聞いたことは無いんだけどなぁ???。
ペンタックスKM SMCペンタックス55ミリF1.8(K)
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2010-07-27 20:41 | アサヒペンタックス | Comments(0)


<< トプコン ユニ でサナちゃんのお供。      サナのお供  >>