ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 12日

水丁場 高知竜馬界隈

竜馬の生家跡から西に向かいすぐの角を左に曲がり真っ直ぐ3区画ほど進むと境川の堤防に当ります。
やっと念願の境川に到着です。
堤防の手前の土手を上がったところに”水丁場”跡の碑があります
e0149335_20451565.jpg

境川が増水したときには、区画割された地域をその地域の住民が守るようになっているそうです
その区画の担当区域の目印。
そしてこの土手を越え、道路を挟んだ境川の堤防には桜並木が出来ています
きっと桜の頃は美しいに違いありません
e0149335_20482912.jpg

この河川敷の辺りに、竜馬が通った日根野道場があったということでした。
その距離は、今の感覚で言えば、小学校校区内にある学習塾に行くほどの近さ、と言う表現が合いそうな距離感です。
下調べせずに現地に来たのですが、イメージでは日根野道場は山の麓よりかと思ってました。
剣の修行に足腰を鍛えるために、山に登り、石段を駆け上がり、山の上のほうの祠で剣の上達を願う
って、イメージが見事にかわされました。

それが、河川敷にある、河川敷はやっぱり土地が安かったんではなかろうか?
リバーサイド、今でも川沿いの土地の安そうな場所って、若い人の集まるような町になっていたりしますよね
そんな感じだったんだろうか?
e0149335_20553571.jpg

e0149335_20555673.jpg

竜馬が乙女姉に境川で水練を鍛えられ、木刀の素振りを毎日千回させられたとか、
そんな舞台のすぐ近くに道場があったとは…。
e0149335_20575034.jpg

e0149335_2058665.jpg

日根野道場は下士が通う道場で、土佐でも指折りの実力と小説などで読んでいましたが、
身近な場所にあったんですねぇ。

竜馬青春のスタート地点です
e0149335_2104822.jpg

ミノルタXG-S NMC50ミリF1.4 NMC24ミリF2.8
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2010-05-12 21:04 | ミノルタ | Comments(0)


<< 2010年 3月 例会前のブラ...      働き者の、おばぁちゃん >>