ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 10日

竜馬 生家跡

前回、竜馬生家跡に辿り着いたところで、XG-Sのトラブルまで記しました。
竜馬生家跡はビルになっていて、記念碑が建っている
その前はベンチがあり、しばし休憩できるようになっている。

そのベンチに腰掛け、巻き上がらなくなったXG-Sからフィルムを巻き戻し取り出す。
Rボタンは正常に働いてくれ、フィルムは無事回収できた。
空の状態のまま巻き上げてみる、Rが解除となり、フィルム巻上げ、シャッターチャージが行えた。
2、3空打ちしてみる、どうも問題なく動いている様子、ならばとフィルムを装填
周りの風景を写してみる、写っていなくても惜しくないしね。
e0149335_2082938.jpg

ベンチには竜馬が持っていたのと同型のものか、単筒と坂本家の桔梗の紋、海援隊、海をイメージした操舵輪を組み合わせている
なんて、ミーハーなんだ、こっちがこっぱずかしくなったりして(^^)。
e0149335_2010523.jpg

目の前の停留所に電車が到着

今回初めて竜馬の生家跡に来たのは、やっとこさ竜馬のストーリーが頭の中で整理出来てきて、
実際に活動した範囲を確かめたくなってきたから。
物語に登場する人たちとはどのくらいの時間で行き来できるのか?
水練を行ったと言う鏡川との距離はどれぐらいだったのか。
そんなのは、やはり実際に歩いて見ないとわからない。
さて、XG-Sの調子も問題なさそうなので、まずは竜馬が剣を習った日根野道場は飛んでも8分歩いて10分か?確かめよう。

まずは日根野道場に向かう前に、竜馬の生家の裏に出来たばかりのような、「高知市立竜馬の生まれたまち記念館」をひやかしてみた。
といっても入場料まで払う気は起こらず、覗いてみただけでした。
なんて、地方経済に貢献しない観光客(おっと、出張旅だけど)な事か。

この竜馬の生家から一つ南の筋は、道の真ん中に堀川があり、竜馬の生きた時代にはここで染物を洗っていたりしたそうな。
e0149335_20223265.jpg

この道の進行方向に小さな旅館があるのが見えた。
この堀川と、その小さい旅館を見ていると、高校時代のクラブ仲間の友人たちと初めて高知に訪れたときに泊った旅館の風景がフラッシュバックしてきた。
もしかしたら、あそこに泊ったのかも。
そうすると、竜馬の生家跡のすぐ近くじゃないか。
当時はまだ、竜馬の物語は読んでいても、頭の中で整理できていなかったんだろうな。
だから、周りを歩こうともしなかったに違いない。
ミノルタXG-S NMC50ミリF1.4ではなかろうか?
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2010-05-10 20:30 | ミノルタ | Comments(5)
Commented by kaz at 2010-05-11 01:08 x
この龍馬生家は病院前に有りますよね。
朝は自転車でこの前を走り板垣退助の生誕記念碑の前を
(わざわざ)通って会社に出勤、夜は高知城内を走りぬけ帰宅すると言う、
考えたら、有る意味、とても贅沢な通勤を楽しんで?いました。
高知市内はいたる所に堀川が有り鯉が泳いでいます。
堀川は柵が無く電灯も少ないので、夜、酔払いが落ちたり、
慣れないと自転車ごと落ちる人も少なくない様です。
私も自転車で2、3度掘り川の中に突っ込みそうになった事が
有りました。  kaz
Commented by kaz at 2010-05-11 01:23 x
高知市内を走る電車は、世界中から中古を集めているようです。
ですから世界中の電車が市内を走り回っている事になります。
(たぶん、高知だけですよね、こんなの・・・)
私は一度も利用した事が有りませんでした。
以前、確かこの付近で電車から火を吹いた事が有ります。
(けが人はいませんでしたが・・・)
ちなみに高知の人は市内を走る電車を「電車(でんしゃ)」と呼び、
JRの電車を「汽車(きしゃ)」と呼び分けていますので、
そこんところ、分かっていないと地元の人と話が噛み合わなく
なりますので御注意を・・・(笑)  kaz
Commented by mimopowerOM-1 at 2010-05-11 08:41
kaz様おはようございます
そうでしたそうでした、病院でしたね。
やはり時間がたつと記憶が曖昧に、いや、病院だったことを確認していたかどうか…。
堀川はいたるところにあるのですか?
確かにこの堀川を見て、たしか以前泊った小さな旅館の前はもっと寂れていたような
また、堀川のあるところで屋台も出ていたような
そんな記憶がフラッシュバックして、高知にちょっと詳しい友人に
こんな場所で堀川があって、ここが屋台の出る場所ですか?
と確認すると、”違う”とのこと
記憶違いかと思いましたが、懐かしい思い出話を書いてしまいました
路面電車は大阪の阪堺線も他のところも、いろいろ形式の違う電車を走らせているようですね。
これこそローテクのなせる業。
だから楽しくあります。
”汽車””電車”の言い回し、初めて知りました。
今度聞いてまわってみます
Commented by 白髭 at 2010-05-11 09:33 x
中国では「汽車」は「自動車」のことらしいですよ。
Commented by mimopowerOM-1 at 2010-05-11 17:47
漢字はオリジナルですもんね
他がパクッテル?


<< 働き者の、おばぁちゃん      通勤経路 狭山にて >>