ミモパワカメラⅡ

mimophoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 22日

久しぶりの出張 13 三木一草 伯耆守

三木一草って、ご存知でしょうか?
ご存知の方は、けっこう歴史に詳しい方とお見受けします。

鎌倉時代末期、初めて成立した武家政治から天皇中心の政治体系に戻そうと、
後醍醐天皇を中心として討幕運動が盛んになった。
中心になったのは、鎌倉幕府時代に、同じ源氏の同族ながら不遇を囲っていた新田氏と、
鎌倉幕府、北条家に源氏の本家筋として厚遇されていた足利氏。

そんなところは、大勢力なので、あまりロマンは感じられないところですが、
草莽から湧き出てきたような、楠木正成なんてのは、千早、赤坂城に幕府軍を一手に引き受けて篭城し
打ち破ったなんて辺りは、ガキの頃に親父なんかから聞いて胸が踊ったもの

そんな草莽から湧き出てきたような、歴史上の登場人物が他にもいて、というのは歴史に興味を持つようになって、あとから知った。

楠木正成、結城親光、千草忠顕、名和長年
この4人を三木一草とまとめて呼ばれていたんです。

その、名和長年

鳥取出張からの帰り道、寄り道も交えながら帰りましょうかと、西に向かって走りながら、松江の手前で南に折れ、中国道で帰る
その道すがら、
途中で立ち寄ったガソリンスタンドでもらった簡単なルートマップ
通り道に気になる名前の神社名が記入されている
”名和神社”
寄れるものなら、寄ってみたいなぁ。なかなか、ここら辺りまで来れないし

で、立ち寄りました、例によって、5分だけ…
e0149335_1604733.jpg

e0149335_1611192.jpg

e0149335_1614816.jpg

e0149335_162530.jpg

e0149335_1623516.jpg

ご紋の入った灯篭は、トレハロースのお父さんみたい。

キャノンⅢ + ミノルタ スーパーロッコール 45ミリF2.8
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2009-10-22 18:02 | ミノルタ | Comments(0)


<< 大阪訪ね歩き 9月 の4 南御...      大阪訪ね歩き 9月 の3 >>