2009年 07月 15日

ミノルタSR-2で、岸和田の積川神社を撮る 間違えたSR-1です!

たいそうなタイトルになってしまった、遅くまで仕事をしていたので脳が疲れているのです、お許しを。

なに、どうということはないのです、5月のある日、地元で用事があったので、朝時間をもらいました。
そのまま、いつものように何食わぬ顔をして家を出まして、
岸和田は山手に有ります積川神社(ツガワジンジャ)まで車を転がして行ったわけです。

選んだカメラがミノルタのSR-1、レンズは時代に合わせて
オートWロッコールHG35ミリF2.8
オート ロッコールPF55ミリF1.8
オート テレ ロッコールGE100ミリF3.5
オート テレ ロッコールQF200ミリF3.5

一眼レフですから、ピントは合わせられますが、露出はメーターが無いので大変です
時間を気にせずゆっくり写せるときでないと、使おうと言う根性が出ません
レンズも車の移動なので欲張りました、といっても嵩張るのは200ミリだけですけどね
e0149335_20503014.jpg

55ミリ

積川神社は以前から気になっていた存在だったのです、一度は行ってみなければ
式内神社ですから、古くからあったようです、また、本殿は国宝なんだそうです
国宝なんて、奈良か京都に行かなきゃ無いと思っていました(無知です)が、
岸和田にもあるとなれば、そりゃ一度は見とかなきゃ。

正面鳥居横には大きな椋の木が
e0149335_20585162.jpg

樹齢何年なんでしょう?

e0149335_20554648.jpg

本殿は、この奥です 55ミリ

e0149335_20594342.jpg

先の拝殿の左横にいます狛犬を35ミリで写しました

実はここまで露出計を持っていって測りながら写していたのです。
ISO感度、古いセコニックのメーターなのでASA表示ですが、
設定を間違えたままだったので、アンダーに気づかず写しておりました。
あーあ、なんてこった、です。

その中でもまだマシなのを、、、失敗作を出さなくてもよさそうなものですが、
失敗も、ありということで。
[PR]

by mimopowerOM-1 | 2009-07-15 21:04 | ミノルタ | Comments(5)
Commented by ろばーと at 2009-07-15 21:25 x
SR-2ですか、私も一時期初期のミノルタ一眼レフを集めていた事がありましたが、SR-2は高くて手に入りませんでした。レンズも金属ローレットで作りが良く、また写りも素晴らしいものでしたが、RF機がメインになったこともあり全部処分してしまいました。今考えるとちょっと勿体無かったかな。

露出計の設定ミスは私も良くやります。ネガでアンダーに間違えるときついですね。でもそれもまた楽しみのひとつですね。
Commented by mimopowerOM-1 at 2009-07-15 23:26
ろばーとさま
あ、間違えた、SR-1だった、
暑さでボケてますねぇ

訂正しときます、陳謝
Commented by mimopowerOM-1 at 2009-07-15 23:30
ろばーとさま、
訂正しました…
そうですね、SR-2が初代で、高級機ですもんね。

鉄リング、一眼(OM)を手に入れた頃はゴム巻きの新し物に目が行ってましたが
鉄リングのほうが、スッピン勝負ですもんね。
今では鉄リングに目が行っています。
Commented by 白髭 at 2009-07-16 09:53 x
セレナーにロッコールと いま一つ色調が冴えませんね。まさかクロス現像ではないでしょうね?  クロス現象かな???
Commented by mimopowerOM-1 at 2009-07-16 12:48
白髭様
セレナー、ロッコールとも、露出不足によるものか?
もっとも、レンズさん自体は
「わたしゃ、カラー対応に作られてません!」と
拗ねてるかもしれません
ああ、もうSR-2、1の頃には、アクロマチック コーティングが施され
緑のロッコールになっていますから、カラーに対応しているみたいですね。
35ミリのコーティングはシアン系のようですけれど。

となると、腕前のせいですね。

会社のPCのモニターでは暗く写るのですが、自宅のPCではもうちょっと明るく出ています


<< 積川神社 2      キャノン セレナー 50ミリ ... >>