2009年 07月 14日

キャノン セレナー 50ミリ F3.5 M3に着けてみました。

古い、フィルムカメラが好きなくせに、中途半端に自動化されたカメラが好きなものだから
目測、露出とも、どんどん感がくるってきている。もともと無いですけどね。

5月ごろだったと思う、ライカM3の巻き戻しノブを修理してもらったのが嬉しくて、
これも使わなきゃと思っていた、沈胴のキャノン セレナー50ミリF3.5を取り付けて持ち出し、
家族とお買い物に出ようとしたら、ご近所さんと出くわした。

夕暮れの中、1/15Secぐらいで開放のF3.5で写るかな?とシャッターを切ったものの、
ものの見事にアンダーぞろい…
e0149335_1921814.jpg


この時期は、あまり蚊なども出てきていないので、立ち話も平気ですね
蚊がいたら、小さい子は狙われるからかわいそう
e0149335_1923115.jpg


立ち話が、長いものだから(かみさんが)ご近所のお友達も現われてくる
e0149335_19243145.jpg


やっと、立ち話も終わって、目的のお店の2階駐車場にて
e0149335_19251433.jpg

何も写すものがないから、とりあえずシャッターを切ってみたら、これだけ何とかまともに写っているような?

L-Mアダプターを介してM3に着けてみたのだけれど
無限遠のロックを押し下げる余裕が無いので使い辛かったです。
ああぁーAEの効くボディが欲しい。
e0149335_19292764.jpg

[PR]

by mimopowerOM-1 | 2009-07-14 19:34 | キャノン | Comments(0)


<< ミノルタSR-2で、岸和田の積...      クロス現像 >>